ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
豚の角煮の残った煮汁…  どうしよ。
ここ最近 わたしの『創作・はちゃめちゃごはん』がとまらない
犠牲になっている旦那様、疲れて帰ってきているのにごめんなさい

昨夜の豚の角煮の残りの煮汁を何とかしたかった…
もちろんとっておいて根菜類とお豆腐の煮物に使ったり、チャーハンの味付けにつかってもよかったのだけど、
なんだか実験心に火がついてしまって…     ぽっっ
   (ここで新情報…テレビで観たのですが、豚角の煮汁にホワイトソースを加えて、
    さくさくトンカツのソースにしているお店がありました!
    まさに豚がつなぎをしてくれますね)

今回、わたくしは 豚角の煮汁の炊き込みごはんを作ってしまいました
当然、濃口醤油のパンチのきいたコッテコテのタレに近い煮汁…
これをだしで割って(約10倍)、人参、大根、おじゃこ、こんにゃく、油揚げを入れて炊く。
おだしの色の割に味にコクがないので、少し昆布茶を入れ、少量の塩で味を締める。
角煮の残りがあれば、ほぐして一緒にいれておく。


白米では負けてしまうと思って、玄米で炊いてみた

できあたりました(実験完了。)  

圧力なべを開けてみてびっくり  →   OH   ★真っ黒★

関西の人じゃなくても、一気に食欲がなくなってしまうようなごはんの色
ひとつぶひとつぶ 見事におだしを含んで ふっくら焦げ茶色。

一瞬 絶句しましたが、そりゃそうだよな。  タレの色があれだもの

6合も炊いたので(実験にしちゃぁ多くないかい??)   顔が真っ青に    
しかし、お味見…  あれ、意外においしい  

これって 中華ちまきの玄米バージョンやーん
もちろん竹皮で包んでないし、餅米を使わず、しかも蒸してないから食感も違うけど
アレンジ次第では メニューに昇格する可能性あり。

そん時は たけのこ入れてみよっと

今日はそのまま頂いたけど、た~っぷりの 青ネギをちらして食べるといいと思う

あまりに濃い濃いごはんがたきあがってしまいましたので、ラーメンのスープをあっさり和風に仕上げました

昆布といりこと鰹でだしをとってスープを作り、たっぷりの白菜・にんじん・椎茸・ねぎ・もやしを炒めて上にのっけました 
隠し味に、豚角の煮汁をちょいと入れて ←おい、まだ登場するか

あっさり仕上げたかったけど、やっぱりこのラーメンにバターは外せない
少量だけ入れて 風味付け

今日の晩ご飯には、大量のお茶も用意されました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。