ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
天神さん 骨董市
先月の末に 北野天満宮さんの骨董市に出かけました

毎月25日に行われる天神さん…   
何故だかわからないけれど 約5年、足が遠のいていました
何故だかわからないけれど この日の朝 急に足が向きました

上の子を幼稚園に預けた足で そのままチャリンコ、こぐこぐ。
ぶらぶらと徘徊だけ… と思っていたのに。

このあり様     ↓  ↓  ↓

天神さん





一目ぼれして買ってしまったタンスさんをどうしても家に持って帰ろうと 何かと戦う 
非常にわかりづらい写真なのですが…

① 後ろの荷台に取り付けてあったチャイルドシート、、、これをガバッと外して 
   前かごの上に乗せる     (この時点で周りの人は「まさか!?」というまなざし)

② 自転車の荷台に必死にタンスをくくりつける     (なかなかの時間を要す)

③ 前かごの上に乗っけたチャイルドシートの座席スペースに 購入したテーブル足を乗
   せる
④ 同じくチャイルドシートスペースに一目ぼれして買ったお皿をのっける
⑤ ブラジル産のドミノが入った紙袋を自転車のハンドルにひっかける
⑥ 付き合わされて不機嫌極まりない次男くんを前座席に乗せる
⑦ 次男くんにいろいろ語りかけながら 家まで帰る

大川栄策さんなら 楽勝なんだろうなぁと思いながら(R35) 作業を進めました

購入した露天のお兄さんに 『姉さん 根性あるのぉ』 と言われ 
『根性だけはあります へへ』 と言いながら 男前にタンスをくくりつける自分に 
“あぁ やっぱり私は古いものが好きなんだなぁ”と思わせてもらいました

実物を見た人々は 好奇と心配のまなざしで いつまでも私たちをみてくださっていました
しかも帰り道 同じ幼稚園のママさん方と何度かすれ違い、恥ずかしいやら何やら…

帰る道中、ガタつきもせずスムーズに帰ることができた訳は…

実は
私が必死に自転車にくくりつけたヒモを『どう見ても絶対に落ちる』と判断された 別の露天商のご夫婦が 私に
『その状態で どこまで帰るんや』 と。

『わしもなぁ 昔よぅ 同んじことして落っことしてたわ』 とおっしゃってくださりながら ご夫婦で黙々とタンスを自転車にくくりつけてくださったのでした…(泣)

お礼しか伝えられませんでしたが 申し訳ない気持ちとありがたい気持ちとでいっぱいになりました 
お仕事のお手を止めてまで お力をお借りしてしまい本当にすみませんでした
何というか…  本当にありがとうございました

あのまま帰路についていたら きっと『ガッシャーーーン』だったと思われます
私の『根性』が空虚です
やっぱりな…  と自嘲気味に 落ちたタンスを拾う私さえ目に浮かんでしまいます

無事に我が家に到着してくれた次男くんと タンスさん
はぁ  よかった…     感謝です…

本当に久しぶりだった天神市は 私の中でくすぶっていたものを 少しつっついてくれたような気もします
時折 どしゃぶりの雨も降っていた今回の天神市でしたが 心地よい刺激をいただいた時間でした






Comment
≪この記事へのコメント≫
また見せてくださいね♪
大事に大切に持ち帰った机
また完成図を見せてくださいね^^
2011/05/12(木) 19:37:22 | URL | まさ #v/5ZT3.6[ 編集]
まささんへ☆
まささん  ありがとうございます♪

久々の天神市にテンションが上がってしまい、自転車で帰ることがすっ飛んでしまって 帰り際にハッとしてしまいました…。   
きれいに積み直してくださった露天商のご夫婦のお陰で何とか無事に家まで持って帰ることができました…

今回はテーブル足だけだったのですが、こんどは それに合う(古い)天板を探したいなぁと思っています      
古いもの好きな母のせいで、我が子たちが使うテーブルも古いもの… 少し申し訳ないです…

天板が見つかって 晴れてテーブルになった時 また記事にさせていただけたらと思います

まささん ありがとうございます☆☆
   
2011/05/13(金) 22:08:33 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。