ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
母 、撃沈
…されて帰ってまいりました        ふぅ

長男くん、生まれてはじめての「生活発表会」に行ってまいりました
演目 【大きなかぶ】で、ウシさんに扮してのご登場でした。
おかしな歩き方と やたらにニヤニヤした顔に嫌な予感を感じ取った母。  
やっぱり…   4人のウシさんの中で唯一 必死に笑いを取ろうとしている   あぁぁぁ…
いつまでも面白くないボケを放ち続け はじけるような満面の笑みを絶やさない。
「それを面白いと思ってやり続けている」ことに 目も当てられない      あぁぁ…。    

母の笑顔は凍りつき大きな体を小さくすぼめ…    ビデオを持つ手も重い。
何かを予兆したのか ウタが登場する直前にビデオが原因不明の『録画不能』となり 母は録画をあきらめ 背中を丸め首だけ起こして息子の晴れ姿を遠目で眺めたのでした    

ところどころで 微かな失笑が起こっている模様。
焦る母の気持ち、子知らずで、相変わらず笑いを取ろうとしている長男    あぁぁ…

お歌の発表では「きっと大丈夫」と言い聞かせながら見守ってみる
やっぱり笑っている…  たのしくて仕方がないっという満面の笑みで…   笑っている…
こんどは何?   ウタは歌をうたわなかった      ウタのくせに。
2曲のお歌の間中 最高の笑顔で『おかあさーーん』『おかあさーーーん』と言いながら
ずーっと手を振り続けていた。       
母、ジェスチャーで必死に「歌いなさい」の合図を送っていたら 『おかあさーーーん』の声を大きくしろと勘違いしたか(いや、確信犯だ)   後半になるにつれて『おかあさーーん』の声は大きくなっていった。  
母、かなしさと恥ずかしさで ぷるぷると小刻みな震えに襲われた


はぁ 当日の朝の彼の様子を思い出すと 今となっては「あぁ↓なるほど」…
発表会当日の朝なのに 長男くんは自信に満ちたような顔
数日前の担任の先生からのお電話でも 「練習をがんばってやってくれています」と聞かせていただいていたので あの朝の表情は自信からきたものだと母はそっと見守っていた

あれは『やらかしてやるぞ!』 『仕込みは万全!』 の気合に満ちた顔だったのか

発表が終わり、重い足取りで ホールから園庭に出ると 会うお母さん、会うお母さんが たくさん声をかけてくださった.....
「やっぱりやってくれたなぁ ウタくん! おもろかったわ」と笑ってくださった方 多数
中には ボケに気づかずに 「先生、何とか助けてあげて!」とハラハラしていてくださったママさんもいてくださいました   あぁ 何というか........    すみません......

うなだれるようにして園を後にしようとしたとき、門の手前で まるで両手を広げているかのような温かい表情をされた園長先生が立っていらっしゃいました 
しばらくの間 園長先生がお声をかけてくださいましたが、園長先生のあたたかい笑顔から たくさんのお言葉が波動となってじゅうぶん伝わってきました

園長先生やたくさんのママさん方のあたたかさに救っていただきながらも 発表の最中に凍りついた心は なかなか解凍されず、帰りの自転車では 3人とも無口でした

家に帰ると 『おかあさん ごめんなさい』 とウタ
仕込んだネタがややスベリ気味だったことも含め… いや、そんなことより もっと大切なことを彼なりにいろいろと気づいたようでした

『今日のために お友達も先生たちも みんながんばってきたんだよ。』
自分のやったことで 誰かが悲しむようなことがあってはいけない…   
ウタには そういうことが何となくでも伝わってほしかった
人に笑ってほしいと アホなことするウタらしさも失ってほしくはないけれど

何を思ってウタがあやまったか…   
きちんと彼の心をみつめたいと思いました

あたたかく受け止めてくれる方々にあふれた、心の拠り所でもある幼稚園でも 彼が甘えることなくいろいろなことに挑戦し、失敗し、感情の経験を重ねていけることを 母としてゆっくり見守っていけたらと思います

   
 
Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは。
来てくれたお母さん達のために、彼なりに考えた「サービス精神」だったのではないでしょうか?
いっぱい考えたんでしょうねぇ、、、。

なんて言う僕も、そんな「笑いを取ろうとして滑る子」でした(^^;)
まだまだウタ君も勉強中。
これからもっともっと色々な事を考えて、何がベストか?自分で発見すると思いますよ(^^)
「喜んでもらおう」のベクトルは一緒だったんですけど、方法論が違っただけですから。あまり怒らず、しっかり見守ってくださいね♪
2011/02/21(月) 23:20:13 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
ぅぅぅ… ありがとうございます
ぅぅぅ…  何というあたたかいお言葉…
あひる課長さんのお言葉に ウタも私も救われました  本当にありがとうございます

あひる課長さんも「笑いをとろう」とされていたのですね☆  人に喜んでもらおう… 前向きなエネルギーにあふれたお子さんでしたのでしょうね(*^_^*)  
子ども時代のそのような経験や思い出が大人になってからちょっぴりほろ苦くも何よりきらきらした思い出となるのかもしれませんね

サービス精神… 「喜んでもらおう」という気持ちを、彼なりにあの舞台で表現することができたウタをなんか愛しく感じてきました(*^_^*)  方法論は経験を重ねていくことで見つけていってくれるのですね   何だか楽しみになってきました(^_^)

あたたかいお言葉を 本当にありがとうございました   大きくなったらウタにも話してあげたいです(*^_^*)    
2011/02/24(木) 18:15:59 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。