ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ごめんなさい ありがとう  〈2〉
そんな長男が幼稚園に入園できるまでの約3年半   

長男の好奇心を満たしてあげることが日々、何より大切になっていました
ウタは朝5時には目を覚まし、私のそばにきて 決まって「今日はどこいく~?」から始まりました 
「一日をしっかり生きたい」 言葉にはしないものの、朝から溢れるエネルギーはすごいものでした
  
日々流れる時間のまま、流れるように過ごしていた私が 忘れかけていたことを思い出させてくれる長男の生き様であるけれど、そのキラキラしたエネルギーを 私ひとりではなかなか導いてあげることができず追いつこうとすることで毎日必死でした
集団の中でエネルギーや好奇心をを満たしてくれる生活した方がいいのかも知れない…と保育所入園も考えましたが 京都で我が家のような家庭からの保育所への入園はほぼ不可能に近く、幼稚園を探すことになりました。

この、幼稚園探しもいろいろとありました
 
候補の園に何度か足を運び 雰囲気を感じ それぞれ園長先生にウタの入園の相談をさせていただきました

直接 何校かの園長先生とお話しさせていただき、現実をつきつけられ、やんわりと入園を拒否され…
あまりに悲しい言葉を何重にもいただいてしまって 涙が止まらないときもありました

途方に暮れかけていたとき、いつも支えてくれる友人が今の幼稚園へ導いてくれました
尊敬してやまない先輩ママさんも 現在の幼稚園に 強く、あたたかく背中を押してくれました
その後、見学に伺い 園長先生とお話しさせていただいた時 
「全く問題ありません 大丈夫です。この園でのこれからの成長ぶりを楽しんでください」 とあたたかく、そして力強くお声をかけてくださったのでした  
どこに行ってもいつも謝って回っていた私たち   初めて向かい合ってくださった園でした。  
大きくて あたたかいものに一気に包まれた感覚でした

今年の4月 この幼稚園に入園することができ、今まで出口を探していたウタのエネルギーが 出るべき方向に、ウタの行きたい方向に、存分に出るようになったようでした

園の方針は『超・伸び伸び自由保育』ですが、ひとりひとりの成長をきちんと見守り きめ細かく手と心をを添えてくださいます。 園長先生はじめ、それぞれの先生方が密に連絡を取り合われ、親にも毎日報告してくださいました。
そんな雰囲気の中、入園1ヶ月後にはコマ無の自転車に乗れるようになり 半年後には一人で絵本が音読できるようになり…  何より満たされた表情で 友達とはしゃいで走り回るウタに目を細めるばかりでした。
遮られるものがなく、好奇心に没頭できること… 大好きな仲間と想いを共有しあうこと。
認めてくれる大好きな先生がいてくれること  
ルールを守ることさえ、幼稚園の中では気持ちの良いことになっているように見えました    

出るべき方向に エネルギーが気持ちよく出て行くことで 満足感から吸収する力が劇的に増えたようでした
思いっきり遊んで 思いっきり失敗して 思いっきり腹の底から笑っているウタ   
活き活きとしたウタは本当にたくさんのことを吸収しているようでした

ウタにとって 最高の幼稚園と出逢えたこと、大好きな仲間達とそこでたくさんの経験をさせてもらえること、感じること、まなぶこと
支えてくれる友人、尊敬する先輩ママさんが導いてくれた言葉から始まりました    
お二人と知り合うきっかけを運んできてくれたのもウタ  ウタがお腹にいてくれた時につないでくれたご縁です
ご縁に心から感謝する日々です
   
あの子自身も、成長する中で オトナたちの会話の中の 傷つく言葉もたくさん聞いてきてしまっていました 
泣いてるだけの情けない母親の姿も横目で見ていました   
複雑な状況や感情に多く触れてきてしまっていたウタ。  今思い返すとその時のウタの顔は 眉に力が入って目は一点を見て…  複雑だけど力強い表情をしていました    
私なんかより、たくさんの複雑な想いを感じ 自分の中で強い気持ちと共に がんばる方法をちょっとずつ組み立てているようにも思いました

ウタが運んできてくれたもの つないでくれたこと 生み出してくれるもの 
未知なるものを 私たちの元に運んできてくれました    こんな母親の元… 

つい、誕生日の日にしか思い出さなくなってきてしまっているけれど 壮絶な出産の中で私を助けて産まれてきてくれた奇跡や 誕生後すぐの手術で生死を心配した時のこと   
忘れずに、忘れずに心に刻んでおきたい

たくさんしんどい思いをさせてきてしまったけれど 
あの子は ほんとうの意味での強さを備えてくれているようにも感じる 
ウタに甘えることなく これからのウタをあたたかく、きちんと見守りたい

誕生日の日には 母の自分に対する戒めと、ウタに対する申し訳なさとで心苦しい思いもありつつ
ここまで育ってきてくれたウタに 支えてくださる方々に ただただ、感謝したいです

ありがとう、 本当にありがとう


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。