ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
涼を求めて
お盆の翌週末、島根から来ていた両親といっしょに 暑すぎる京都の街を逃れて 貴船・
鞍馬へと出かけました

大原を通って貴船へ       おぉ、視界に広がる緑と水の音が涼やか。
陽射しも緑が受け止めてくれる感じで、久しぶりに心の落ち着きを感じました

P1000833.jpgP1000834.jpg








久しぶりに貴船のパワーに満ちた空気を感じることができると楽しみに来ました     市内より何度くらい涼しいかな   

…が…  大渋滞。         みんな涼を求めて…なのだろうなぁ   
貴船では車から降りるのをあきらめ、川床が立ち並ぶ界隈を皆で眺めました

すると美しい女性に車内の私たち、釘付け!  お客さんをお招きしている女将さんでした。
「観光できなくて残念だったけど きれいな女将さんが見れて本っ当よかったわぁ」としみじみ父がつぶやき、車内では涼しい笑いが起きました

つづいて鞍馬へ      
さて、車を駐めて…というところで    …ん?
お寺で大きな式が執り行われていて関係者の方々の車しか駐めることができず あえなくUターン
なかなかない境遇に出会ったことに「いい思い出話ができたわぃ」という父の言葉を聞きながら下界へと戻ったのでありました

お昼ごはんは お出汁で京都を感じてもらおうと、岡崎の「岡北」さんへ。
おいしいおうどん、おそば・丼ものをいただきました            京都ならではの
“衣笠丼”に 島根の両親も喜んでいました      おいしかったなぁ… ご馳走様でした
貴船・鞍馬で過ごすはずだった時間で どこに行こう…  平等院に行ったことがないという父のため(私の本音は中村藤吉さんの生茶ゼリィのため)に宇治へ

京都・伏見で知り合い恋に落ちた(…)私の両親   懐かしく思い出が詰まっただろう風景が流れていたにもかかわらず言葉を出さない二人。    少し冷やかしておきました。

宇治に着いて まず中村藤吉さんのサロンを偵察。   20組待ちと聞いて泣く泣く断念。  
こちらの味を皆で味わいたかったのだけど…    いつかまた必ず行きましょう

そしていざ、平等院へ
鳳凰堂をうつす水面が強い陽射しで白く輝いて 照り返しの光で鳳凰堂がより力強く見えました
やはり美しい平等院   空気感も美しい     皆で来れたことが これまた嬉しい

皆で宇治に来れたこと、とてもいい思い出になりました

余韻に浸る私たちの横で、父は頭の半分以上『錦市場のウナギと出汁巻き卵』が占めていたらしく、またもや私たちを涼しくしてくれるのでありました

夕方 錦市場に寄り、嬉々とウナギと出汁巻を買う父。 「これでちびちびや呑るんだぁ」と…
エアコンの無い我が家で 「これぞ京都の暑さ」をたっぷり味わいながら京の味覚と持参のハイボールを堪能する父でした     (あの暑さ、さすがに申し訳なかった.......)

本当に暑い日でしたが たくさんのことが心に刻まれる一日でした

貴船・鞍馬と宇治に宿題を残していますよ
島根のじい・ばあ、また来てください

Comment
≪この記事へのコメント≫
こんにちは。
イイですね~(^^)
色々とあったみたいですけど、親父さん最高ですね♪
すべてを受け流すように軽く一言。
「いい思い出話ができたわぃ」に親父さんの優しさがいっぱい、じんわり伝わってきましたよ(^^)
そして鰻と出汁巻き(笑)

きっと、家族一緒にいる事ができた。
って、それが一番だったんでしょうね。
2010/09/06(月) 12:03:00 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
あひる課長さん ありがとうございます☆
あひる課長さん ありがとうございますm(_ _)m

…本当にいろいろとあった一日でした(^_^;)
  父の言動を見ていると、私の恐ろしいほどのマイペースぶりは確実に父親から受け継いだものなのだと思い知らされます  
食べ物に対する執着も、これまた父親譲りで…困ったものです    
『鰻と出汁巻きとハイボールと孫』のお陰で小一時間で出来上がり(笑)いつものように宴の途中で『おやすみっ』と手を上げていなくなり 大の字で朝まで寝ておりました   マイペースぶりに磨きがかかっています  …DNA …(-_-)

それでも 孫たちと過ごした“京都三日間”はやはり楽しかったようで、帰り際はいつものように目に涙をため あえて手を振らないじいじでした(^^;)   今回のわがままぶりも 孫がいる楽しさゆえの無礼講だったのでしょう(*^_^*)  私は突っ込みまくっておりましたが…

嵐がさったような感じでしたがあひる課長さんのお言葉のお陰であたたかい気持ちにして頂きました
ありがとうございました
  
2010/09/06(月) 21:51:20 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。