ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
東京 (3) 
10年ほど前から行ってみたいカフェがありました
青山の 「Nid CAFE」

十数年前に訪れた 恵比寿の「ヌフカフェ」というカフェが新店を出されたと聞き 行ってみたいなぁと思っていたのですが それから東京を訪れることがぱたりとなくなってしまい…

十年の間に東京のカフェ、いろいろと変わっているのだろうなぁと思ったけれど やっぱり頭に残っていた Nid CAFEさんに訪れておきたい…

思考はあの当時のまま、肉体だけ確実に経年している“煙が立ち上った直後の浦島太郎のような私”が いざ行きます。
夕暮れ道 表参道交差点近くまでゆっくり歩き、素敵なお花屋さんを通り抜けながらビルの3階へ。
nid cafe
10年越しの初訪問     
あぁ ここが Nid CAFEでしたか

窓の向こうには夕暮れの東京タワー
小さく浮かび上がる

夕暮れの時間帯、東京タワーがのぞめるこのカフェの特等席をひとりで占拠してしまうのが申し訳なくて 10分少々で席を立つ私。 


“カフェは生きもの”と聞いたことがあるけれど 何かいろんなことを考えさせてもらったなぁ
けれど 歩きに歩いたこの日の私の身体と心を Nidの空間が少し鎮めてくれました 

外へ出ると いよいよ夜に向かっている景色。

どうしよう、どこへいこう
いつも行き当たりばったりな私。   
代官山か自由が丘に向かおうか     …とりあえず渋谷まで歩こう。


青山通りしばしを歩いていると…
うわぁっ!     思いがけず左手に 青山学院大学

何とも言えない感情が湧きあがってきて 青学をしばし見上げる
「 ここでサザンが生まれたんだぁ 」
 
少し前に読んだ 原由子さんの本「娘心にブルースを」のあんな場面やこんなエピソードもここが舞台だったんだ
頭の中では「思いすごしも恋のうち」や「いちょう並木のセレナーデ」が流れました

一瞬の間だったけれど サザンの原点の空気感みたいなものに感じ入りました 
実は魂が小刻みにブルブルと揺れるくらい 感動していたのでありました
  (この数週間後に桑田さんの療養のことを知りました   
  どうかゆっくり休養されて 佳くなられることを心から,本当に心からお祈りしています…)


夕暮れから どっぷりした夜に向かう狭間、青学を背に渋谷方面へ向かう

淡く残るオレンジセピアの霧のような光と 覆いかぶさるような群青色の空 街のネオンと車の尾灯の色がとても印象的でした

その日の夜の、すてきな出逢い
なんだか この日あったことが すべてそこに向けての序章だったような気さえする出来事がありました
ちょっと 大袈裟か   
....へへ

つづき いつか記事にさせていただきます

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。