ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ようこそ 秋の京都へ
お知り合いにならせていただいてから、毎年 春と秋に京都を訪れてくださる 東京のおばさまが先週いらしてくださいました

来られる度に、子ども達に素敵なプレゼントを用意してくださっているおばさま
私たちにとっては お会いできる時間が何よりのうれしい時間です…

この日は高台寺・清水寺界隈の散策にご一緒させていただきました
何と人力車に乗せていただけることになり… わたくし生まれて初めての人力車です
あぁ勝手に景色が流れていく… 名所の説明が聞こえてくるぅ… ちょっと目線が高いぃ…
「ほんまにええんやろかぁ」  心の中でつぶやきながらの散策でした  

画像 306画像 307八坂の塔を出発。
八坂庚申堂さんから北へ

大人二人+子ども二人+重い荷物をひきながら観光案内してくれる車夫のお兄さんに申し訳なくって景色半分のワタシ。
重さが変わるわけではないのに 必死に身体を縮こめる、縮こめる。

『…椅子から腰を浮かしても、コドモを“高い高い”しても軽くはならないんだな   お兄さんゴメンナサイね』
どうしたら少しでも軽く感じてもらえるかを考えながら独りモゾモゾする主婦を乗せながら人力車は東へ。

画像 308画像 309

八坂神社正門前の石鳥居     
そして円山公園を越え、長楽寺の参道へ
先週の時点で、色づきはじめたくらいの紅葉です





画像 310haruさん すてきな時間をありがとう歴史ある左阿彌さん前で折り返し
高台寺のねねの道まで案内してくださいました

人力車に乗り ゆっくり流れる京の景色に、自分の身分も忘れて すっかり酔いしれてしまいました
車夫のお兄さん 大変だったでしょうに本当にありがとう…

4人乗りが珍しかったのか、子ども達の固まり具合が目立っていたのか… 外国からの観光客の方々が私たちの写真を撮っていました(笑) 
四人を引っ張る車夫さんが 力強いサムライのように格好よく映っていたのかもしれません

『人力車で京都観光』は初めてでしたが とっても貴重な経験でした
子ども達ふたりも 背中にあたたかい感覚を感じながら 秋の風を受け、流れていく京都の景色を 心のどこかで記憶していてくれるのではないかな…と思います

すてきな経験をさせていただいたこと、本当に感謝…です
子ども達の成長を何より楽しみにしてくださっているおばさま…
東京のおばさまに今度お会いできるのは 桜の咲く頃…かな

葉が紅く色づく前から もう桜が恋しくなってしまった秋の一日でした




Comment
≪この記事へのコメント≫
面白い!
 思わず笑ってしまったよ。
私も京都行くよ!決定
29日、30日、1日で又ゆっくり連絡します
2009/11/04(水) 18:41:30 | URL | nana #-[ 編集]
こんばんは。
人力車って京都にもあるんですねぇ(^^)
凄いですよね、車夫の方って。

タモリさんは一度浅草で乗ったら道行く人皆に写メを撮られたらしいですよ。
だから二度と乗らないって(笑)
やっぱり人力車が走っているだけでも目立ちますもんね(^^)

京都も寒くなってきたのではないでしょうか?
風邪ひかないようにお体に気をつけて、、、(^^)
2009/11/04(水) 22:38:18 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
nanaちゃんへ☆
nanaちゃんコメントありがとう! お返事が遅れてしまってごめんなさい(>_<)

京都来るんだね(^o^)/
その前に~…  へへっ 実は明日から急きょ島根に帰ることにしたよ~
ひとり勝手にnanaちゃんに会える気分になって盛り上がっておりますぅ(*^_^*)
早速 髪を切りに参りますけぇ  帰ったら早々に予約のお電話をさせていただくよ♪

んー… たのしみです
nanaちゃんに会えると思うだけですでに癒されているワタシ。
おっ 笑かされるけぇ 顔筋&腹筋あたりも準備運動しとかにゃぁ…(*^_^*)
 
2009/11/06(金) 01:48:34 | URL | うたたね #-[ 編集]
あひる課長さんへ☆
あひる課長さん ありがとうございます(*^_^*)  コメントを頂戴していましたのにお返事が遅くなってしまいまして申し訳ありませんでした…

タモさんは 浅草で どういう状況で人力車に乗ることになったのでしょうかねぇ…(^_^) そしてどんな表情をしてらしたのでしょう… 興味そそられますぅ   撮られてしまった写メ、想像してしまいました(*^_^*)

4人乗った人力車もかなり目立っていたらしく 観光客の方にだいぶ写真を撮られてしまいました(^_^;)  
車夫のお兄さんは小樽で人力車をひかれているそうなのですが、二ヶ月間だけ京都で仕事して 再び小樽に帰られ、人力車のお仕事に戻られるそうです。   その短い間に、ここ京都で乗せていただけたなんて何だか不思議な出逢いでもありました。  

4人を乗せ、人力車で走ったことなんて後にも先にもないことだと思われたのか『ボク、今日の日記にこのことを記しておきたいのでよろしかったらお名前を教えていただけないですか』と言われました(^_^;) よほどしんどかったのでしょう…(反省)
けれどいつか小樽を旅する機会に恵まれたら、この車夫のお兄さんを探して人力車に乗せてもらおう!と思いました☆
その時は子ども達も今より体重が増えているだろうから さすがのお兄さんでも一台では無理っ!でしょうね

小樽で人力車なんて また素敵なのでしょうねぇ   行ってみたい場所がまた増えてしまいました(*^_^*)
2009/11/06(金) 02:12:51 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。