ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
うれしい出逢い
先月のゴールデンウィークの頃のこと…
だんなさんが子ども達を見ておいてくれると言うので、超久々に一人だけの時間を持てることになりました

あまりに急で、どこに行っていいのかわからない私…
とりあえず自転車に乗ってふらふら出かけました

のんびり自転車をこいでいて 町屋のギャラリーの前を通過する
いつも子ども二人を連れての外出に慣れてしまっていて “ギャラリーなんて覗くことが出来ないもの” と思い込んでいた私    
「おっっ、 そういや今日は一人やった」 と思い出し 急ブレーキ
引き返して心を落ち着け、ギャラリーの中へと入りました

島 るり子さんの 『日々の器展』 が開催されていました

画像 124ギャラリーのざわさんにて
主に粉引き・焼締めの器が置かれていました

手にとって眺めたくなる絶妙なバランスの器
一度手に取るとしっくり馴染む感じがしていつまでも眺めていたくなります

このお皿にお料理を盛るとどんなに幸せな気持ちになれるか…


不思議なことに こちらを訪れる少し前から、ずっと大切に使える 粉引きの器に惹かれ始めていた私
一点一点 ゆっくりゆっくり見て回らせていただいていました

すると島さんご本人が お茶を運んできてくださり 『今から知人とお茶するんですけど、よかったらご一緒しませんか』 とお声をかけてくだいました

初対面のトライアングルの中央に、あたたかいお茶の注がれた島さんの器 …
永く、そして大切に使い込まれたことで味のある色に落ち着いている粉引きのお湯呑は 手にやさしく馴染んで美しく、存在感を放っていました
そして長野から持ってこられたという 島さんお手製の“くらかけ豆の彩り浸し”を供してくださいました    (この くらかけ豆がおいしかったこと…) 

初対面だった私に、島さんはいろいろなことを話してくださいました
深く届くお言葉ばかりで 島さんのお言葉は私の心に沁み入りました

本当の意味で 寛かな暮らしをされている方
そして それを表現し ひとに伝えていらっしゃる島さん

器に触れると 島さんのお人柄 そのものが宿っていると感じました
器と共に暮らすことで 私のこころのブレを正してくれ、大切なことは何かを伝えてくれそうな、そんな器になりそうです

感謝する、本当にすてきな出逢いでした
大切に、大切に 使わせていただこうと思います


Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは。
人の手でつくられたものって「その人」が現れますよね。
陶器の見る目がない僕ですが、それでも優しさだったり激しさだったり、伝わるものってあります。
それはイラストなんかも一緒なんですけど、、、。

素敵な時間と出会いがあって本当に良かったですね。

、、、、くらかけ豆も気になります、、、。
2009/06/24(水) 20:34:20 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
あひる課長さん ありがとうございます☆
“物に命が宿る”と言いますが、本当 “作られた方そのもの”があらわれるなぁと思います

あひる課長さんのイラストも、いつもあひる課長さんのお人柄が伝わってきます…
(“このやさしく かわいらしい雰囲気はどこからくるのだろう”と実は細部を凝視したり、少し遠くから眺めたり タッチを考察したり…させていただいています(*^_^*))

「ひとに想いをつたえる」というお仕事、本当に素敵ですね   
表現できること、そしてそれを受け止めてくれるひとがいるということ…   
表現されたものが 作り手さんと受け取るひとの気持ちをつないでくれるんですよね

いろいろな世界観に触れることができて、いろいろなことを感じ、考えるいい時間がいただけます


くらかけ豆、とってもとってもおいしかったですぅ 
豆自体は枝豆のような色をしているのですが、大きな黒い斑点が入っていて なんだかかわいらしいお豆でした  
お豆を茹でてお出汁で浸してあったのですが、そのお出汁も島さんが丁寧にとってくださったお出汁だったようで、もう本当においしかったんです…
少し硬めの食感も、たまらなくおいしかったです
ビールや日本酒にも合いそうです(*^_^*)
長野県ではメジャーな豆のようですが、なかなか手に入らないみたいです
忘れられない味なので探してみようかなぁ…
2009/06/25(木) 09:23:01 | URL | うたたね #-[ 編集]
素敵な時間を過ごされたんですね。
確かにいつも、生活の中にコドモがいて
美術館(ギャラリーはこの辺にはないので。汗)なんて
あと数年は出かけられないと思っていました。

>不思議なことに こちらを訪れる少し前から、
>ずっと大切に使える 粉引きの器に惹かれ始めていた私
うたたねサンのこの気持ちが、ギャラリーを引き寄せたんでしょうね。

くらかけ豆、↑コメントのやりとりを見て
すごく食べてみたくなりましたよ(笑)。

2009/06/27(土) 06:50:31 | URL | みつき #qx6UTKxA[ 編集]
みつきさん☆ありがとうございます
みつきさん コメントありがとうございます
お返事が大変遅くなってしまいまして本当に申し訳ございませんでした…

本当、なかなか美術館やギャラリーなどを覗くことができないですよねぇ…  
完全に『無理なもの』と思い込んでいたものの、一人で動いていることを思い出した瞬間 ほんと自転車を急ブレーキさせて引き返しました(^_^;)

“器に惹かれ始めていた気持ちがギャラリーを引き寄せた”  そうか…  偶然ではないのですね
よく考えれば(気づけば)、偶然ではないことで満ちているのでしょうね
みつきさんのお言葉からやさしいお人柄が伝わってきます …

くらかけ豆、ほんとステキなお豆でした☆
青大豆の一種のようですが、いただくと少し海苔の風味も感じられることから“海苔豆”とも呼ばれているようです
何と言っても食感がやみつきになってしまいます(*^_^*)…
そしてその豆が浸っていたお出汁が何ともおいしくて…  島さんが丁寧にとってくださったお出汁は豆の味を引き立てる、やさしい味がしました      

島さんの器、そこに盛られたくらかけ豆の彩り浸し…  ぼんやり眺めながら島さんとお話しさせていただいて、いろいろなことを感じ、考えさせていただる いい時間でした …
2009/06/30(火) 09:09:45 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。