ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
大切なひとのために
605.jpgだんなさんの実家でおはぎを作りました

うまくできれば、翌日に会う予定にしていた、だんなさまの大切な人へのお土産にと思い 小豆を炊くところから取りかかりました

ことこと、ことこと  …  
あずきが気持ちよさそうに揺られているのを何度も確認しながらゆっくり炊いていました
ことこと、ことこと  …

しばらくすると どこからか香ばしい香りが…   
「あれ、どなたかがコーヒー淹れてくださったのかな」とのんきに思いかけたところで…

ぬぉっ   ここには私だけゃ!!

すでに確信していた嫌な予感を 確かめないといけない場面でした 。
焦げとる、、、、やっぱし焦げとる、、、  
お鍋の取っ手を持ったままがっくし肩を落として しばらく動けませんでした  このまま地面に沈んでいってしまうんではないかというほど凹みました
小豆が焦げたらコーヒーの香りがするんだなぁ   豆を焦がすものやからね~。   .
............はぁ。

おはぎをお土産にすることをあきらめました   それどころかおはぎを作ることもあきらめてしまいました。    「おいしいケーキをお土産にして召し上がっていただくことにしよう」
そうつぶやきながら、焦げをまぬがれた上の方の小豆を避難させ、消したい現実(焦げてしまった鍋底)を半泣きで消し(洗い)、 部屋の片隅で腑抜けになっておりました

そこにお義母さんが帰ってこられ小さくなっている私を発見  …察してくださったようです
てんこもりに盛られた小豆をお義母さんがつまんでくれます。  

「慣れへん台所の慣れへん調理道具やったから やりにくかったやろう」 と…
お義母さんにまで気を使わせてしまって情けなくなるばかり。  けどお義母さんはずっと
『 最後は焦げてしまったかわからんけど、ええ小豆を炊いたんやなぁ  おいしい小豆よ~ 価値あるよ』 と何度も言葉をかけてくれていました  
そんな言葉をいただいても、失敗したことが情けなくておはぎを作ろうとしなかった私 …

翌朝、京都からだんなさまが合流。 小豆を焦がしてしまい、おはぎを作らなかったことを説明しました   残念そうなだんなさん。  
大切な人が喜んでくれる顔を思い浮かべていたのでしょう

出発の朝、準備を始めようかという時、こんどはだんなさん、どえらいことに気づいてしまいます
大切な人へと用意していた京都のお土産を、家の冷蔵庫の中に置いたままだと…jumee☆Feel Depressed4
うなだれるように へたれこんで動けない私とだんなさん。 奈良から京都まで取りに帰るには時間が足りません     

様子を見ていたお義母さん、てんこもりの失敗作あずきをつまみながら
『やっぱり、この小豆 価値あるよ~』 と。   つづけて 
『買ったお土産より、失敗してても 手づくりのものの方が、うれしいやんかぁ   
何よりのものよ~  そういうこともわかって喜んでくださる素敵な人よ』


むくっと立ち上がってもち米を用意しました   お義母さん、ありがとう…

そんなこんなの超ドタバタの末に、出来上がったのが上のおはぎさんたちです
味と形はかなりイマイチだけど そのぶん気持ちを込めて…

喜んでくださる姿を想像してこねこね     大切な、大切なひとへ …  

おはぎの箱を受け取ってくれた 大切な人は
『迷う気持ちがありながらもこうして作って持ってきてくれたのですね 何よりうれしいですよ   ありがとう』 とあたたかい笑顔で言ってくださいました

失敗作で申し訳なくて心苦しかったけれど、すべてを包んでくれるようなやさしい笑顔に 持って行かせていただいてよかったなぁと思わせてもらいました

あたたかい笑顔とやさしい言葉をくださった 『大切な人』 のことは次の記事にもつづきます


Comment
≪この記事へのコメント≫
こんばんは。
優しさいっぱいの文章で、なんだか僕も嬉しくなりました。
酒飲んで読んだらたぶん泣いてましたね(笑)危ない危ない。

ステキなお話ですね。
お義母さんのお話、やっぱり先人ですよね。
説得力あるし、僕も同感です。
三ツ星レストランの料理はお金で買えますけど、気持ちの篭った手作りのおはぎってなかなか食べられないもんです。

大切な方の言葉もステキですね。
そんな大人になりたいっす。
2009/04/03(金) 20:58:22 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
おはぎ
上手にできているではないですか
手作りに勝るものなし
おはぎを餡から作ろうと言う心がけあっぱれです。
失敗は成功の元感動の涙で読みました。
私も結婚して親もとから離れてからは春と秋のお彼岸には必ず作っていました。
今は親の近くに来てからは戴くばかりで甘えています
2009/04/03(金) 22:53:00 | URL | メロンパン #-[ 編集]
うぅ~(>_<) ありがとうございます…
あひる課長さん 本当にありがとうございます
ブログにのせさせてもらったものの、恥ずかしいお話とわたしの文章力の足りなさにドキドキモヤモヤしておりました   …
あひる課長さんのお言葉、ほんとうにすごくすごくうれしかったです…  ありがとうございました

本当、お義母さんは私が忘れそうになっている大切なことを気づかせてくれる大切なひとです
お金で買えないものや目に見えないものほど大切なものはないですね  気持ちを込めたり感謝を伝えたりすること、これからは できるかぎりしていける人になりたいな…と思います  

あひる課長さん、あたたかいお言葉をほんとうにありがとうございました
  

2009/04/03(金) 23:12:32 | URL | うたたね #-[ 編集]
メロンパンさん ありがとうございます
メロンパンさん あたたかいコメントを本当にありがとうございます …

「手づくりに勝るものなし」ですかぁ…  ん~ 心に沁みる言葉です 

私も結婚してから お彼岸におはぎを作るようになりました   
何となく作り始めたはずが、ご近所さんや身内に食べてもらううちに少しずつ定着してきて…   
今 考えれば、喜んで食べていただける人の顔がうれしかったから作り続けているのかな…と気づきました

喜んでくれる人がいるから作る… 笑顔を想像するからおいしいものを作ろうと思う…
こういう想いが作るものに伝わるのでしょうか   

手づくりすることで気持ちが伝わる… ことばの要らない領域かもしれませんね 
自分の中に、できるだけ手づくりでできるものを広げていきたいな…と思いました

メロンパンさん、本当にありがとうございます

 

2009/04/03(金) 23:52:01 | URL | うたたね #-[ 編集]
お義母さま、素敵です~♪・・きっと、
うたたねサンがやさしくて素敵だから、お義母さまもやさしくて素敵になるんでしょう!
「優しくて素敵菌」って、素敵な人のそばにいると、ふんわりと伝染していくものだと思うから♪(って、菌とか・・・言い方悪くてごめんね。)

大切な人の言葉も笑顔も。
読んでいて、私も幸せな気分になりました♪
(読んだのは昨日ですが。今日は娘が昼寝中に再びお邪魔しました♪)

ダンナ様とうたたねサンと大切な人、との
大事な時間、
やさしいひとときになったのでしょうか?
次の記事も楽しみにしています♪

2009/04/04(土) 15:18:55 | URL | みつき #qx6UTKxA[ 編集]
みつきさん ありがとうございます☆
このドタバタ、情けないお話でブログに載せさせてもらうことは考えていなかったのですが…  私自身は恥ずかしいお話だったけれど お義母さんと大切な方からいただいたことを心に刻んでおきたくて…  長い分を読んでくだり、コメントまでいただいて…本当にうれしかったです    
みつきさん ありがとうございました

「やさしくて素敵菌」 大好きな菌になりそうです♪  なるほどぉ…伝染していくものなのですね   私はお義母さんからこの素敵な菌をいただいてばかりです(*^_^*)
そして、大切な方からもたくさん、たくさんいただいてきました

素敵な人に出会うと うれしい気持ちになったり前向きな気持ちになれたりするのは やさしくて素敵菌がふんわりと降ってくるからなのですね ☆   

わたしはみつきさんのブログの美しいお写真や やさしいお言葉から「やさしくて素敵菌」をいただいています  …



2009/04/04(土) 17:57:57 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。