ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
京都、またまたおいしいお漬物
604.jpg春分の日に KBS京都で「京都マルシェ 
春の収穫祭」という催しがありました

昨年の秋に続いて2回目の開催だったようです

「地産地消と安心な食卓・生活」をテーマに有機野菜を作っておられる農家さんや 無添加の食品をつくっている人たちがそれぞれお店を出してらっしゃいました

603.jpgいろいろなお店の中でも 特に印象に残ったお店が 『初代 亀蔵』さん
化学調味料・保存料・着色料を使用せず、そのままの味を生かして作り上げられたお漬物

いただいてみてびっくり!  
シンプルだけど、なんかモーレツにおいしい!
おいしいお野菜をいただいて 体が目覚めるような感覚かな

いや、お漬物にすることで さらに野菜のうまみが引き出されているとさえ感じるなぁ

京都に来ていろいろなお漬物屋さんのおつけものをいただいてきたけれど それでもこちらのお漬物はキランと輝く何かをとても感じました

あまりに感激したので 思わず店主さんとお話してしまいました
お漬物に対する熱い想いが伝わってきました   
やっぱり作るものに思いはこもるものなんだなぁ

悩んだ末に お土産には「トマトのお漬物」と「蕪のさくら漬け」を。
トマトのお漬物は漬け液がゼリー状になっていて果肉と漬け液がバランスよく口に入ってきます。   酸味もマイルドになっていてトマトの甘みが際立ちます。   しあわせ気分になれるお漬物。 デザートでもいただけるお漬物でした 
桜の葉の風味がカブに溶け込んだ“カブのさくら漬け”は 「和菓子屋さんに相談しながら作ってみました」とおっしゃっていました   これ、ほんとすごい…! 私は大すきだなぁ

こんどの冬には 千枚漬けもいただいてみることにしよう
この方の作られる千枚漬けは きっとやさしい味がして間違いなくおいしいはず…!

(… と思っていたら、とくダネの“麗しのニッポン味覚遺産”というものに認定されていたようです)

京都でまた、ごひいきのものに出会えました
こんど友人たちとこちらのお漬物を囲むことにしよう


Comment
≪この記事へのコメント≫
こんにちは。

地産地消、いいですね。
今そんな流れが多くてなんだか嬉しくなってしまいます。
僕の場合は「道産どこいっても消」なんですけど(笑)

自分のつくるものにプライドと心を込めてる感が文章でも伝わってくるお漬物屋さんで、そういった出会いがあるのは本当に羨ましいです。
トマトの漬物、すんごく興味がそそられますね。
さぞかし千枚漬けも美味しいでしょうね。

いつか食卓に上がってまだブログにアップされる事を楽しみにしてますよ~(^ ^)
2009/03/28(土) 13:43:53 | URL | あひる課長 #-[ 編集]
ありがとうございます☆☆
あひる課長さん ありがとうございます!
「道産どこいっても消」…  これもすてきですねぇ…♪  
北海道の食べ物ががソウルフードなんてとってもうらやましいです

トマトのお漬物は、ほんっとにおいしかったですよぉ   昨年までは漬け液は液体のままだったそうですが、今年になってゼリー状へと改良されたとのことでした   
小さなお漬物屋さんのようですが、熱意を持って創意工夫されている様子がお漬物からも伝わってきます   
そういうお店や、つくっている人がいてくれるということだけで なんだかうれしいきもちになりますよね(*^_^*) 


2009/03/28(土) 17:54:31 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。