ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
好きな香り
画像 077
昔っから 大好きな香りがあります

歩いていて この香りに出合うと
『うっ どこじゃ、どこじゃ』 と
嗅覚を頼りに 歩き回ります

けれどけれど、恥ずかしながら
何の香りかずっとわからないままでした

いろいろな人に 『好きな香りがあるんだけど…』 と話をすると、ほとんどの人が 『多分、キンモクセイだよ』と教えてくれていたのですが…

お花に疎くて恥ずかしい限りなのですが 実は昨年の春、ようやくこのお花の名前を知りました。       帰省したときに、実家の庭に咲いていたのです
私が実家にいた頃は この草木はなかったはずなので、私が関西に出てから植えたのでしょう
昨年の春に発見したときは、本当にうれしかった…
母に 『このお花の名前、何?』 と聞いたところ  『沈丁花』だと、、、

もう 本当に このお花の香りが好きです      
写真をこすると香りが出てくれたらいいのになぁ…

花言葉は『栄光』 『歓楽』 『永遠』という説が一般的なようです       
それから『やさしさ』 『おとなしさ』という説もあるそうです

この香りから“可憐さや切なさ”をイメージしていたので 後者の方がなんとなくしっくりくるような気もします

この香りもそろそろ来年までおあずけとなりそうですが、沈丁花の花が終わる頃には 本格的な春の到来… なのでしょう


Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして♪(・・・少し前から、ときどき遊びにきていましたが、コメント書くのは初めてです)
ワタシも沈丁花の香り、大好きです♪
こちらでは今が盛りの感じで、娘と散歩していると
どこかの庭から、ふんわり香ってきて幸せな気分にさせてくれます。
・・・ワタシのこの花のイメージは・・・「初恋」とか「乙女」って感じですかね(笑)。
だから「歓楽」って花言葉があるのを始めて知って、ビックリです・・・。

もうすぐ、ほんとに春ですね。
また遊びにきます。

2009/03/18(水) 12:30:08 | URL | みつき #qx6UTKxA[ 編集]
みつきさんへ
とってもうれしいコメントを本当にありがとうございます

実はみつきさんのブログ、勝手に“お気に入り”に入れさせていただいて、ちょくちょくおじゃまさせていただいていました… 
あらためて これからもどうぞよろしくお願いいたします

沈丁花の香り… 本当になんともいい香りですよねぇ   香りでつながれてうれしい…(*^_^*)
みつきさんのイメージは「初恋」「乙女」ですかぁ   うーん ぴったりくるイメージですね!  なんか こう、切ないような、甘酸っぱいような…そんな香りですよね。

つい昨日歩いていたら ふと沈丁花の香りが漂ってきて、ふっと私の頭に“いつか昔の卒業式”の淡い映像が勝手に流れてきたんです。  香りって記憶の中の映像と直結することもありますよね  香りってスゴイ… 

みつきさんが散歩中に香った沈丁花の香り、娘さんも感じてらっしゃったことになりますよね     娘さんが大きくなられて、いつか沈丁花の香りに出合ったとき お母さんと歩いた散歩の映像がふっと浮かんでくる瞬間があるのかもしれないですね…♪  
2009/03/19(木) 00:19:44 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。