ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
おふくろの味 ?
島根の実家に帰ってくると 母が必ず一度は食卓にあげてくれるひと品
『のどぐろの煮付け』

のどぐろとは 赤むつの仲間で のどが黒いことからその名がついたそうです
調べてみると 島根県西部 独特の魚で(九州や北陸の日本海側でも獲れるようですが)
白身なのに脂ののりがよくて白身のトロとも言われるそうです
今や大変な高級魚…  “赤い宝石” “幻の魚”と形容する人もいるようです

地元にいた頃は そういうことはあまりわからず… だったのですが、
島根を離れた今 新鮮でおいしいお魚を口にするのが難しくなってみると
地元のおいしいお魚たちがどれだけスゴイか実感させられます

nodoguro.jpg
母が作ってくれた煮付け
家庭料理なので盛り付けが…

しかし、京都に帰ってからでは
食べられません

味わっていただきましょう




これをいただくと 『あぁ 島根に帰ってきてるんだなぁ』と しみじみしてしまいます
この日は母の作った茶わん蒸も…
茶わん蒸は 「帰るまでにもう一回作ってくれる?」と甘えたことを言ってしまいました

小さい頃からいただいているこの二品…
料理がそれほど得意でない母の数少ないレパートリーの中の二品…  
それでもいつも一生懸命作ってくれる
この二品を 外でいただいても 母のことがよぎるだろうなぁ   今までも これから先も。

わたしにとっての 『おふくろの味』かもしれません

Comment
≪この記事へのコメント≫
煮魚
うたたねさん、一生懸命甘えてください!
親は馬鹿になってやりますよ(^.^)/
娘はにこの夏、頑張って料理を教えましたがどれ位マスターしたものか?でも必ず味付けは嫁いだ先の親に聞きなさいとネ。。(^.^)v
やり方だけは教えましたが1度では覚えないと思いますが浅く広く後の仕上げはお姑さんにバトンタッチ!まだまだ学生だからずっと先の夢のような話ですが(^.^;
帰郷した時にうたたねさんのお母さんのように一生懸命母の手料理を食べさせようと思います。楽しみ!早くお嫁に行って孫できないかな?
2008/09/25(木) 15:18:50 | URL | メロンパン #-[ 編集]
娘さんにメロンパンさんのお料理を直伝なさったのですね☆ すてきですね!!
娘さんは確実にマスターされています!! 母親から教わる料理というのは忘れずに残るものだと思います 教えてもらって、それを一緒に食べて… 母からの愛情もたっぷり受け取るので深く記憶に残るのだと思います

メロンパンさんの愛情たっぷりのお料理を食べて、さらに教えてもらえる娘さんは本当にしあわせですね  これからが楽しみですね! そして『嫁いだ先の親に味付けを確認』とおっしゃるメロンパンさんはやっぱりすてき  娘さんは近い将来 すてきなかわいいお嫁さんになられるでしょうね(^v^)☆
2008/09/26(金) 00:12:04 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。