ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
『めがね』   小林聡美さん
梅雨らしく 大雨の降った こないだの日曜     いつもの定番の
“あったか人情コメディ・湯けむりパラダイス”をゆっくり見ていたら だんなさまが
『これ終わったらビデオ借りに行ってくる…  ちょっと前から、
 85年の阪神の優勝シーンが見たくてたまらんかってん』
…と言いだし雨の降る中 チャリンコすっとばして出て行きました

『ほいなら、大泉洋さんの “水曜どうでしょう” も借りてきて~』 
しばらく前から大笑いしたい欲求が積もっていた私は 慌てて頼みました

ビデオ屋さんから帰ってきただんな様   『両方ともなかったぁ…  がっくり

しかし、しかし だんな様が前から観たかったという 
小林聡美さん主演の 『めがね』 を借りて帰ってきてくれました

日曜の午後、ゆっくり鑑賞

前作の  『かもめ食堂』 と同じ監督さんの作品です


ゆるやかだけれど 余計なものをそぎ落とした、ある意味 淡々と流れていく映画です
…独特の空気感です  

淡々と流れる心地よさにまかせて、頭とこころをリラックスさせて のんびり眺めていたら
たまに こころにグッと来ることばや 大切なことが映し出されていて 
慌ててこころにメモをとりながら観ました

『かもめ食堂』 も この 『めがね』 も、建物の内装・インテリアが映画全体の独特の空気感をつくっているなぁと感じます  素敵なセンスです。  
内容をまさに表現しているというか…  

そしてそして、出てくるお料理が何とも何ともおいしそうなこと
とても印象深く目に入ってきました  
お料理といっても、塩鮭や目玉焼き、お味噌汁、煮物など…  
特別なものではない、日常にある食べ物だけど 
なんだか しあわせ感に満ちていて、輝いて見えました   

この映画の意図・大切と考えていることが 画面に凛と映し出されています

朝ごはんを食べることが大切だったり、食べ物を慈しむこころを常に持ちあわせていることだったり 想いを込めて 丁寧に、丁寧に作ることが大切だったり…

シンプルで身軽さを保つことや、余計なものをはらい落として 
本当に必要なものをこころに留めておく…

潔いほどに 人には真のやさしさを、心地よさを伝える…

なにが大切か、そして何を大切にしたいか … 
ぼんやりと考えてみると なんとなく浮かび上がってくるような気もします

この記事の最初のように、『ドタバタ・わっはっは~』と暮らしている私たち夫婦には
この映画の中の生活は 少し遠い存在のようにも思い 現実に引き戻されるのですが、
心地よく生きるためのヒントや本当に心地のよい暮らし、 
そして何が本当に必要で、大切なのかを静かに見つめ直す いい映画だったと思います


Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。