ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
19年後と 20年後のおたのしみ
結婚してから、毎年この季節になると だんな様が梅干し&梅酒を漬けてくれます

画像 558先日は梅酒を…

手前が先日だんなさまが
漬けてくれたもの
おいしくなってくださいねぇ


奥の二つは 昨年漬けてくれた梅酒
ってもう、4分の1 なくなってるやん。



昨年漬けた 梅酒は、あまり上等な梅を使わなかったらしく、
梅の大きさも小ぶりできちんと漬かるか不安だったようですが、
今年お味見してみると おうちでいただくにはじゅうぶんなおいしさjumee☆SaturdayNightFeverL

だんなさまは、自分で漬けたこの梅酒を こどもたちが ハタチになったら
いっしょに乾杯して 共に味わうのが夢なんだそう

なので、ウタが産まれてから初めて漬けた梅酒(写真奥)と
もうすぐ出てきてくれる赤ちゃんのための梅酒(写真手前)を
20年後をたのしみにしながらせっせと漬けてくれたのです

20年、、、待てるかしら…

言い訳しながら ちびりちびりやってる間に 
「すっからかんになってもうたぁぁ」なんてことがないように鍵をかけておきたいくらいです。      (って、わたしが一番 危険なんじゃん)             うぃぃ~

梅酒づくりが終わったかと思ったら、 だんなさま こんどは梅干し作りです

画像 560
とっても立派な南高梅

あたりに桃のような甘~~い
いい香りが…

すももかと思いました

ことしはこちらで
梅干し作りです


初挑戦したおとどしは、なぜかだんなさまが『カリカリ梅をつくる!!』と意気込んでしまい
心配しながら見届けたものの、やはり(←ごめんね…)失敗

昨年も 『カリカリ梅!カリカリ梅っ!!』 とリベンジに燃えるだんな様
カリカリ梅に カリたてられ 近寄りがたい雰囲気さえありました

なぜそこまでカリカリ梅に執着するのかナゾですが、
数ヶ月後に梅さんの漬かり具合をみてみると
見事に、梅さんが微笑んでいるかのように やさしくシワが入っていました   にこり。  

3度目の正直で、ことしも挑戦するのかと思いきや、カリカリ梅の 『カの字』も口にしません

過去2度の経験から、基本から入門しようと悟りを得たのかもしれません 
      … ふぅ      (安堵のため息。)

実はだんな様は 『美味しんぼ』の愛読者なのですが 
この美味しんぼの中で、海原雄山氏が “美食倶楽部” で対決の際に 
年代モノの梅干しを「ここぞ」という時に出してくるらしく、それに憧れてるらしいのです

『これ、うちでいついつ漬けた、何年ものの梅干しですねんってお出しできたら かっこええやろ』 とか言うてます               好きにしてください

けれど カリカリ梅を作るつもりで出来上がってしまった普通の梅干しさんを食べていただくときはカリカリ梅だということは ヒミツにさせてもらいましょうね

Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。