ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
初上陸 小豆島
高松からフェリーに乗って小豆島へ  
思っていたよりも近くて 約30分で到着

島内を走っているバスに揺られて、まずは オリーブ公園に行きました

画像 522

オリーブの路
一瞬 南仏に来たみたい



画像 520

5月だというのに照りつけるような日差し
けどけど オリーブの木々には
このくらいの太陽のたくましさが似合っている



画像 519

ギリシャ風車と
オリーブの木々
青い空



以前 小豆島のグリーンオリーブをいただいたことがあったのですが、
ほんとうにおいしかった…
今回もお土産に買いたかったのですが、オリーブは置いてなく 
残念ながら購入できませんでした
オイル漬けでも 販売する時期があるのでしょうか…

つづいて寒霞渓へ
日本三大渓谷美のひとつだそうです
切り立った岩と新緑のコントラストががきれいでしたが、
紅葉の季節もきっときれいなんだろうなぁ

画像 524
ロープウェーからの一枚
今回はロープウェーで
一気に登りましたが登山道もあり
ゆっくりと散策もできるようです

写真はうまく撮れてませんが
奇峰が海に向かっている景色は圧巻



小豆島のほぼ中央に位置する寒霞渓… 
穏やかな瀬戸内の海に囲まれて、のんびりとした小豆島…というイメージと
また違う一面の小豆島に触れることができて とってもよかったです

山から下りてきて、いい具合にお腹の空いたわたしたち
小豆島でも やっぱりおうどんです

画像 518『手打ちうどん三太郎』さん。讃岐地方ではない小豆島では『さぬきうどん』と銘打ってはいけないのでしょうか
画像 517

しかしながら、麺にコシがあり、しっかりと『さぬきうどん』なおいしさがありました

一度 訪れてみたかった小豆島
瀬戸内の穏やかな海に囲まれて、島全体にゆっくりした空気が流れているのを感じました

当初、高松から岡山を経由して新幹線で帰ることを計画していましたが、
せっかく四国に来ているし 小豆島経由で姫路に抜ける… というコースを選択して大正解
とっても充実した 本当にたのしい四国の旅でした

しかし、さぬきうどんをもう少し堪能したかった
すでに四国がわたしたちを呼んでいます

Comment
≪この記事へのコメント≫
うたたねさん、こんにちは
丁度同じ頃に高松にいらしたのですね。
私は今回は小豆島に行くチャンスがなかったのですが、四国通いのうちに是非!と思っております。
それまでに「二十四の瞳」でも十年以上ぶりに読み直してみようかな。
2008/05/25(日) 05:19:16 | URL | 江戸っ子若女将 #-[ 編集]
江戸っ子若女将さんへ☆
江戸っ子若女将さんの四国の記事、大変興味深く、たのしく読ませていただいていた直後にコメントを頂戴して とびあがるように喜んだうたたねでございます(*^_^*)
若女将さんの四国の旅…ほんとうに素敵ですね! 充実されている様子が臨場感と共に、よくよく伝わってきます  わたしも久しぶりに松山に行きたくなりましたぁ…
小豆島はほんとにのんびりとしたいいところでした  二十四の瞳映画村にも行きたかったのですが今回は残念なことに行かれませんでした 小豆島観光に映画村は外せないみたいなのですが…(^^;) 瀬戸内の穏やかな海に囲まれ、島全体にスローなものが流れていてタイムスリップしたような錯覚を何度か感じました  癒される島です…
これからも高松を拠点にいろいろと巡られるのですね  行かれた際のレポート、楽しみにしています(^o^)  
コメント ありがとうございました☆
2008/05/25(日) 09:49:44 | URL | うたたね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。