ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ポンペイ
恥ずかしすぎる話ですが、13年前の話…  


昨日、何かの番組で イタリアのポンペイ遺跡が映っていました
『ポンペイ遺跡』   …  
何とも悲しすぎる歴史が残る遺跡だけれど 私はこのポンペイには悲しい歴史とは別に 苦い思い出があります。   
二十代の半ばころ、イタリアのフィレンツェに少しの間 滞在していたことがあるのですが ある時 女友達とナポリに遠出してみようということになり 『どうせナポリに行くのならポンペイまで行ってみたい』と私がお願いして 念願だったポンペイに一緒に行ってもらったのでした

約2千年も昔 ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にして完全に地中に埋まった街、ポンペイ。  

古代ローマの劇場や神殿、公衆浴場などの建築物はもちろん、そこに贅沢に飾られたフレスコ画やモザイク画。 そして上下水道が完備されていたことや ローマ時代の人々の生活・調度品のすごさに驚きました。

2千年前…紀元1世紀のローマ時代の繁栄が自分の想像をはるかに超えていたこと、そしてそのような街と 暮らしていた人々が一瞬で火山灰に閉じこめられてしまったこと…  

今にも古代ローマ人がそこに立っていそうなパン屋さんの光景、過酷な労働を強いられた奴隷の人たちの様子、剣闘士の生きるか死ぬかの闘技に熱狂する観客、当時の遊郭での生々しいメニュー表、後半には石膏復元された人々の遺体、骨…   
人類が繁栄を極める行き着く先は 進化なのか究極の欲望なのか狂気なのか 
重たいものがのしかかり本当に言葉が無かったことを思い出します。

ポンペイでの思い出は この遺跡だけで充分だったのです
しかし苦ーい思い出がくっついてしまっているのです

[ポンペイ]の続きを読む
スポンサーサイト
P1000760.jpg『バレーボールしていたでしょう』    
昨年の春、公園で声をかけられました

長男くんが幼稚園に入る前、在園ママさんに バレー部へのお誘いをいただいたのでした

わたしの顔と体型に【バレーやってきた印】がついているのか、大抵『やっぱり』と言われてしまいます

実家で眠っていたシューズや練習着を送ってもらい(島根母、パラゾール入れすぎですぅ) 
いよいよ足を踏み入れるのか、ママさんバレー・・・

十数年のブランク、体型の変化、暴れん坊ふたりの子育てまっただ中での練習   
いろんな不安から正直 心は重く 入園してからもしばらくは練習に参加できませんでした

が、一度練習に参加させてもらったら最後    たのしくてたのしくて仕方がない…   
前より格段に動けなくなっている私だけれど それでもすっごいたのしい

幼稚園バレーを始めた頃は いろいろなことに軽いカルチャーショックを受けました
子ども達を園に送った直後の朝9時過ぎからの練習!  動かなすぎるギコギコな身体、覚めてない脳。
そして練習場所はというと 街の超ど真ん中、ビルの4階。

すぐ近くのイノダコーヒで 優雅なモーニングをいただいている紳士淑女の方々もいらっしゃるというのに。
スーツを着て出勤される方々が颯爽と歩かれる道の端っこを 練習着&つっかけ&ノーメイクといういでたちの私が存在を消すように そそそーーっと身体を縮こめてビルに沿って進みます。  体育館が見えたときの安心感。 ようやく身体が息をしてくれます  
軽く顔を塗って 着替えを持っていけばいいだけの話なのに。  そんなことさえ億劫になってしまっている37歳です。  

『その格好と顔は あんまりではないですか』....... いつか誰かに言われるのではないかと
毎回 怯えてしまう私です。

エレベーターで4階まで上がると体育館… というのも田舎者の私としては毎回おどろき。
市内の他の幼稚園バレー部さんと合同練習です。
やりはじめると ただひたすらにボールを追いかけます。
疲れてる日も、身体と心を動かすと元気になれる  チームの皆さんから元気をいただける
やっぱりスポーツはいい。  すごくいい。
こうしてバレーをさせてもらえることに、感謝。  結婚してからバレーはもうしないだろうと思っていた。

苦しくて苦しくて練習をこなすだけで精一杯だった学生時代のバレーではない。
大きなケガもして、お婆ちゃんになったら自力歩行は無理と言われているけど、いまは何とか楽しいバレーができている    本当にありがたい・・・

幼稚園バレーは 卒園・入園ごとにママさんメンバーが替わるので いっしょにプレーできる間は 一回一回 共にできる喜びを感じながらチームとしてひとつになってがんばっていきたいです
チームのみんなが大好きです

明日の練習を控えて アツくなってしまいました
軽く腹筋をしてから眠ってみようかと思います       おやすみなさい  




増えた  新年の決意 ①
本日のお昼ごはん 『さつま芋とツナのクリームスパゲティ』を作っておりました
パスタを茹でるために大っきいお鍋にお湯を沸かし、お塩を入れようとしておりました

いつものように 塩が入っている写真の白い容器を左手に持ち、右手でトントントンと叩いてお鍋に“塩を適量 落とすつもり”でおりました

P1010211.jpg「ドベッ ドドドッ」 凄い速さで大量のお塩がお鍋に落ちました。    「はっっっっ」
今まで これで何度 凍りついたかわからない。
そう、おぜんざいに入れるお砂糖も、パン耳ラスクにまぶすお砂糖も、数え切れないほどの夕ご飯のおかずも… 
この「ドベッ ドドドッ」で下ごしらえを台無しにしてきた。 
何への賭けなのか うまくいった時には「セーーーフ」とニヤついてたり
いい加減だ。   いい加減すぎる。 

今年こそ、この適当すぎる調味方法を卒業しよう。   
「右手で左手首トントントン」は、やめよう。   
無駄な賭けはやめて 素直にスプーン使おう。

基本の「きの字」以前の問題である。    
「毎日 味が変わるからこそ家庭料理」という言い訳も、かわいくもなんともない。
こんなことでは 人生の肝心なところで味付けを間違える。   

料理の神様が、お正月明けに 『お水を足せば 何とか修正のきく“パスタのゆで汁”』で 私に気づきを与えてくださいました
こういうことから正していかなければ、適当すぎる性格は 適当なままです。
情けなくなるくらい 恥ずかしい話ですが、この恥ずかしさは今の私への戒め

『できることから少しずつ…』   
いまの私に言い聞かせていることばです


園で凧を作って帰ってきた息子
うれしくてうれしくてそわそわ
凧を上げたくて上げたくて仕方がない様子
めちゃめちゃさぶいけど しゃーない、付き合いますか

P1010199.jpgP1010201.jpg雪がちらつく中、ひたすら凧を片手に走りまわる
ずっと ずっと走っている
ようやく凧を貸してもらった弟も走る、走る、走る

真っ赤な顔から白い息   
ふたり、満面の笑み

こういうシンプルな遊びが 実はいちばん満足してくれるのかな
凧でこれだけ遊ぶことができるのも あと数年なのかと思うと少しさみしくも感じますが
外あそびの大好きな男の子でいてくれることを望みます

あけまして おめでとうございます
2011 omedetou
    

あけましておめでとうございます


本年も なにとぞ
よろしくおねがいいたします


相変わらず 新年の目標を明確に立てることができない私ですが
ことしは 目標を立てるに至るまでの、土台を作る一年にしていけたらと思っています
(こういうふうに記しているだけで 実はどきどきしてしまっている.....)

心の持っていき方を自分なりに考えて できることから少しずつ…
感謝のきもちを忘れず、日々丁寧に 


いろいろなことが不器用な私ですが…
本年も なにとぞ よろしくお願いいたします


皆さまにとって素晴らしい一年となりますように  ...  ・・・  ☆

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。