ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
想いを引き継ぐ
P1000771.jpg
本当に本当にありがたい品々を思いがけなく届けてくださいました 

愛媛県のスタジオプロヴァンスさんで大切に育てられたハーブさんたち…
(2年前訪問させていただいたときの記事→

若葉が顔を出しているルッコラ・力強くたくさんの葉を広げているバジル・鮮やかな緑が目にまぶしいパセリ…
見ると、土作りを始められた日付が鉢に残っていました

丁寧に、大切に大切に育てられたハーブさんたち…
想いを引き継がせていただき、感謝の気持ちを感じながら 日々ハーブさんたちと接していけたらと思っています

愛媛からの長旅を終え、育つ環境も大きく変わったはずのハーブさんたちですが、本当に元気です。
幼少期を過ごした『スタジオプロヴァンス』さんでの育った環境や注がれた愛情を 今、
ハーブを眺めながら私が感じています

“三つ子の魂 百まで”は、植物の世界でも同じなのかもわかりません

大切に、大切に 育てさせていただきます
本当に ありがとうございました



スポンサーサイト
北海道の「ザンギ」と愛媛の「ざんき」
P1000316.jpg
埋もれそうだった写真を掘り出してみました
『ザンギ丼』   鶏唐のどんぶりです。
白味噌スープの中の菜の花が季節を写しています 
(…ハイ、3月の写真デス…申し訳ございません)

なぜか今年に入ってから唐揚げづいています
正確に言うと、「ザンギづいて」います


Wikipediaによると ザンギは、北海道での唐揚げの呼称のようで しょうが・にんにく等で下味をつけた鶏肉(魚介類の唐揚げもザンギというみたいです)を揚げたものですが、これに大いにハマってしまい何かと我が家の食卓に登場しています

先日 友人が家に遊びに来てくれた際もザンギを食卓に上げさせてもらったのですが… 
『ザンギど~す』とドーンとお出しし、みんなで わいわいお話ししながら楽しく食べていた…
その時、事は起こりました

「ザンギって北海道のお料理みたいだねぇ」と私が言ったとき 一瞬 間があき、その後
友人の頭の上に「???」が浮かんでいるのが見えました
少し気になりながらも その時はそれで終わっていたのですが、友人の 「???」の理由が今…、たった今わかりました

Wikipediaを読み進んでいってびっくり
愛媛県の今治市では下味をつけた鶏のから揚げのことを『ざんき』と言うようで、江戸時代から300年の歴史がある郷土料理ということ…!
彼女は愛媛県のご出身なのです!

…あの日のあの場面がフラッシュバックいたしました 
彼女の???の理由…  この記事のアップのために Wikiをのぞきにいった たった今、、、判明致しました
Wikiの記述と あの時の彼女の表情が見事に結びつきました
友人は言葉を飲み込んでくれていたんだなぁ
この記事を書き始めた時には思いもよらない展開に自分でもビックリしております
そうだったのかぁ    

北海道のザンギと愛媛のざんき、作り方やお味の違いがとっても気になってきました 

料理に歴史あり。
北海道でいただくザンギも、愛媛でいただく ざんきもぜひ本場でいただいてみたいです

友人の???の理由が解明されるという結末を全く知らない冒頭の写真がとても呑気に見えてしまいます
「あなたが導いてくれたのよ」  
そっと労をねぎらってあげたいと思います


......優勝してもた
P1000759.jpg4月から長男くんが通い始めた幼稚園で
保護者の『綱引き大会』が行われました

入園早々、クラス対抗で勝敗を決めてしまうというイベントに少々消極的だったわたくし…
はじめは参加をお断りさせていただいたのですが
背がデカいわたくしは「モノになる」と判断されたのかどうしても参加していただきたいとお願いされ
先日 園まででかけました

『運動のできる格好でお越し下さい』 というプリントでの案内に、『運動のできる格好=ジャージ』 という単純な思考回路しか持ちあわせていない私は きれい目な格好のママさん方の中、ひとりジャージで登場。  
『また やらかした』 と少々気後れする私。  

出番がきたかとトボトボと綱に向かって歩いていると 背のデカさ&ひとりジャージ姿の私は自然(必然?)な流れで 重要ポジションの一番後ろを任されてしまい…  
更に 『はいっ 一番後ろの人は綱を体に巻く~』と言われながら身体にぐるぐると綱を巻かれ…
『  …へ?』と思っているうちに競技が始まり よくわからないままただただ綱を引いている私がいました  

知らない間に、チームのみんなが歓喜している…  
『毎年 年長ママさんたちの貫禄勝ちよぉ』と聞いていたのに  勝ってしまったのか…? 
あろうことかどんどんと勝ち進んでしまい…
なぜか 決勝まで残ってしまったのでありました

年長ママさんたちに花を向けるはずが 決勝は前代未聞の年少組どうし… 
年中・年長組のママさんたちから 『今年の年少ママは(きっといろんな意味で)すごい』 と
どよめきがあがってしまっていました

ここまできたら…と張り切るみんな。  消極的だったはずの私も体育科出身の血が騒ぎ 『さぁ、みなさん 上靴の裏を拭いときましょう』 とまだお話ししたことないママさんたちにティッシュを配り(笑)、チームは一丸。

決勝では『ボールド! ボールド』というかけ声の中 圧勝してしまったのでありました
ボールドの甘いさわやかな香りとはかけ離れたものが そこにはありました

いろんなことを思い出しながら 母ちゃんは洗濯することにするよ


… …年長組のママさん方、運動会では考えた行動をとるようにいたしますぅ


わんこ苺
5月はじめの日曜日は、二週続けて奈良のおじいちゃんの所へ。
おじいちゃんが趣味でされている畑には 孫のために丹誠込めて作られたいちごたちが
真っ赤に熟して たわわに実っていました! 

P1000698.jpgP1000605.jpg









P1000600.jpgP1000699.jpg
※二週目、兄が用水路にハマり パンイチに。
お見苦しい写真になってしまっております 







苺には目がない息子たち、「夢じゃないよね」と少し戸惑った表情を一瞬見せたものの 摘んで食べてもいいんだとわかったとたん 大興奮でうほうほと穫っては食べ…させていただいていました

まさに 「わんこ苺」状態。
こんな しあわせなこと、ないよね

苺でお腹が一杯になるなんて 息子たちにとっては 本当に夢のような体験…
てんとう虫さんやだんご虫くん、でっかいアリさんたちにも会えて 本当に楽しそうな息子たちでした

口に入る物がこうして作られていること、実際に青空の下で収穫してその場でいただいてみたこと、緑の風景、土の香り、そしておじいちゃんからの愛情、 きっといろいろなことを子ども達なりに感じることができたのではないかな…と思います
はっきりと強く何かを感じなくても 雰囲気だけでも子ども達の原風景に残ってくれたら…
 

何よりの経験をさせてくださるおじいちゃん
本当に本当に 感謝です




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。