ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
雪の東寺  ガラクタ市
『朝一番に東寺のガラクタ市にゆくぞぅ 』 と勇んでいた日、京都は雪が積もりました
こないだの日曜日のことです。
白い雪を被った京都の景色。  美しすぎてうれしくなります
儚い雪化粧だとわかっているからか 東寺へと自転車をこぎながらもこの景色を心に留めておこうと目はレンズのように。   
まばたきする毎に写真が撮れたらいいのに。 

画像 382画像 384画像 385













私たちを出迎えてくださった東寺の五重塔   白い息をはきながら見上げる。
溜め息をつきながら だんなさんと見入った景色    いやぁ 朝一番に来れてよかったね

本日のガラクタ市もおもしろいものたくさん…
引越し先で使いたいものを見て回る     出会いをたのしむ。

上のスツールが素敵…と思ってお話を聞いてみたら なんと江戸時代の椅子! かわいらしいなぁ

画像 389画像 386











一番左に写っている緑のランプシェードと 右に写っている昔のドアについていただろうドア取っ手が非常に気になってじっっと眺めていると…
店主のおじさんが 『 これなぁ… ええねんけどな  …高いねん 』
お話を聞いてみると、両方ともなんと満州鉄道で使われていたものということ
ドアの取っ手なんて開ける方向に引きやすい 気の利いたデザイン。 こういうところに惹かれてしまう。

店主さんが手にとって見せてくれる。 
ランプシェードの傘の内側にたしかに満州鉄道の印字。
ドアの取っ手の裏にも 満鉄の印字が彫られていました
いやぁ~ 素敵すぎる…  お値段は聞かなかったけれど、とっても素敵なものを見せていただくことが出来ました

今回は4周くらい回ってみました(^_^;)
そうこうしているうちに 雪も溶け…

東寺の屋根からしたたり落ちる溶け水。 砂利に落ちる音がとっても美しくって近づいて聞き入りました
無数の細かな水しぶきも立ち上がり虹が浮かび上がっていました
写真におさめたかったけれど 目で見る感動が写り込まない…  残念…

結局 今回 私たちの元へやってきた品たち
画像 398
どこまでも首が伸び、角度も自由なランプ

市松模様のおちょこ

おまけでくれた木のものさし(?)

陶器製のフック

真鍮のアンティークフック




そして まさにガラクタ!な モールガラス入りの木枠もタダのような値段で買うことができました。
うれしくて引っ越し先にすぐに持っていったので写真が撮れませんでしたが…
昔の食堂の窓として使われていたそうなのですが、誰がどう見てもガラクタにしか見えず…
いろんな人に笑われてしまいそうだナ…

やっぱり古いものにひかれてしまう私
この日のガラクタ市も、私にとっては宝の山でした

引越しに向けて いろいろなものを整理している中で、ふたたびちょっとだけ物を増やして帰ってきた私たちでありました

スポンサーサイト
奈良  くるみの木
下の記事のあと、へろへろになった私の足が自然と向いた場所‥‥
奈良のカフェ 『くるみの木』

画像 334画像 316








「季節限定」という言葉に惹かれて モンブランを。 そして植村牧場の牛乳をホットで。
ひとりでお茶できる時間なんて、ほんとに貴重な時間。

心地いい時間が流れるくるみの木で ゆっくりと本を読ませていただきました

あぁー いい時間が過ごせたなぁ‥‥と思って立ち上がると オーナーの石村由起子さんが入ってこられました
とってもやさしい雰囲気を纏っていらして やはり素敵なお方でした

くるみの木で過ごした時間は 私の中の何かをポッと灯してくれたような気がします


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。