ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
お伊勢さん参り
子ども達が我が家へやってきてくれてから、初めての家族旅行に連れて行って頂きました
だんなさんの両親、お姉さんたち 総勢8人での旅行です

電車一本で行ける、それほど遠くない場所で…ということで、伊勢・志摩へ
私自身、初めての伊勢・志摩です

まずは、伊勢神宮さんへ

画像 221画像 218画像 222画像 219









神聖な空気が満ちている神苑に生える木々は
とっても力強くて、歩いているだけでパワーがいただけるようでした

神宮内には五十鈴川の涼やかな清流も流れていて 皆で感嘆の息
(五十鈴川が いすゞ自動車の社名の由来になったことも初めて知りました)
五十鈴川からはかすかに磯の香りも  伊勢湾に近いことが感じられました

やはり伊勢神宮は とてもすばらしいところでした…  
家族でお詣りさせてもらえたことに感謝しました
またお詣りさせていただきたいなぁ

画像 223画像 225画像 224
お伊勢さん参拝の後、『おかげ横丁』を散策
お昼は、予約しておいた“すし久”さんへ

少し早めに着いたのでウロウロしていたら正面に『伊勢萬酒造』さんを発見!

のれんをくぐると写真のような光景が。

「呑まずにはおれんっ おいしそうすぎるっっ」ということで、お義母さんと旦那さんと私で
なみなみに注がれた盃合わせて乾杯☆

生原酒と大吟醸とにごり梅をいただきました     …最っ高に贅沢な食前酒
暑っつい日だったので冷え冷えのお酒は身体中に染み渡り… 本っ当においしかったなぁ

すし久さんでは伊勢名物のてこね寿司を(だんなさまが。)
女性陣は 「麦とろろ膳」をいただきました
“てこね寿司”をどういうものか全く知らなかったのですが、酢飯の上にカツオの醤油漬けがのったものということでした  酢飯の具合が絶妙で、なんともおいしいお寿司でした
(だんなさんのてこね寿司を拝借した感想デっス

画像 226画像 228
おかげ横丁は みごたえ充分

別腹でいただきたいものも たっくさん


(いろいろとあってしまった)赤福本店も、猛暑の中 長蛇の列
やはりすごい人気です  やっぱりおいしいもんなぁ…
かき氷の中に赤福が入っているという 『赤福氷』、食べてみたかったなぁ

家族みんなで来ることができたうれしさで、一日目から大満足…

ふと気づくと、余韻に浸っている私を だんな様が私をじーーっと見つめている雰囲気を感じたので、少しはにかみながら目線を合わせてみると

『… …しっかし焼けたなぁ』
ただただ心配そうに私を見つめているだんな様がいました

はにかんだ分だけはずかしいっ  
赤福氷食べた後だったら しばらくフリーズしとったよ。   

もう少し粋な言葉はかけられんか    「こんがり焼けておいしそう」とか (......粋か?)

もう少しだけ旅はつづきます …

スポンサーサイト
お隣りさん、いつも本当にすみません …
お弁当のことを考えなくてもよい土曜日の夜に、よくピビンバを作ります
簡単に下ごしらえを済ませて、さぁ子ども達を遊びに連れ出そう!という時 玄関から
「ピンポーン」

出てみるとお隣りのおばあさん   
『少ないけど、食べてな』    手にはウナギの蒲焼きがぁぁ…

土用の丑の日に いつも家族分のウナギを届けてくださいます(涙)
ご近所のうなぎやさんに、いつも私たちの分も注文してくださっているようです…
私たちが引っ越してきてから4度目の夏ですが、いつもいつも本当にお世話になりっぱなしのお隣りさんです…  

画像 241
炭焼きの鰻という贅沢なものは、うな丼にしていただくのがイチバンと思いますが、ピビンバの下準備をしていたので…

用意していた牛肉とキムチは冷凍して、
『フライパンで鰻ピビンバ』です
生卵をのせるのを忘れてしまいましたが…

お隣さん、感謝していただきます


この日のピビンバの主役は急きょ鰻さんになったので、野菜のナムルの味付けは少し和風にし、ごま油の代わりにすりごまを。そして隠し味にちょっとだけ酢を入れてみました

いつも これほどのことをしてくださるお隣りさんに、私たちが出来るほどの何かをおかえしさせていただきたいのですが、いつも微力すぎて なかなか追いつくことが出来ません

『ええのんよ~ お願いやから気にしやんときや~ あんたらは孫みたいなものやから』と
おっしゃってくださるお隣りさん…

『少しずつでも恩返しができるようにがんばりたいね』  …
おいしい鰻をかみしめていただきながら あらためてだんなさんと話した夕ごはんでした


山鉾巡行
画像 215画像 212画像 205

画像 211画像 214おやおやウタさん、またもや謎のポーズ

山鉾も、辻回しも 間近で見ることができました
絢爛豪華な懸飾品を見ることができて 静かに大興奮

昨年はお腹の中から眺めていた弟くんも、今年は私の背中越しに山鉾を見ることができました    いやぁ ありがたい …

二人に法被を着せていたら、たくさんの外国の方に写真をとっていただきました

こんなに間近でお祭りを満喫させていただけたのもユウコさんのおかげ
ありがとう!!

祇園祭 宵々山
画像 207祇園祭・宵々山 『傘鉾』にて
得意げに謎のポーズ


巡行を前に夜の光に照らされる山や鉾
京都の街が熱気に包まれています

少しでも高い所から眺めさせてあげようと
母さん、ウタを肩車しましたが、大号泣

せっかく乗せたんだからとそのまま歩いてたら
お猿のようにうずくまって頭にしがみついていました

夜祭りの思い出の映像が真っ黒やったらどうしよう
豚・なす・バジルの味噌チーズ炒め
と~ってもいい香りのするバジルをいただきました
お茄子もいただいたので、これはいつもの定番を作ろうと思っていたのですが “ちと変化球でいってみるか”と お味噌&チーズで味付けしてみました

画像 208
①豚肉200㌘はお酒(今回、梅酒を使用)
 と醤油をもみこんで、下味を付ける
②フライパンに オリーブオイルとにんにくを入れ
 て熱し、にんにくの香りが立ったら豚肉
 を入れ炒める
③お肉を取りだし同じフライパンでお茄子
 (中3本)、しめじ、ミニトマトを炒める
④お味噌(大さじ4~5)を加える
⑤バジルとチーズを入れて出来上がり

バジルの代わりに青じそでもオッケーと思います
お味噌とバジルやトマトの組み合わせも乙でした
お手軽やし、青じそバージョンも含めて この夏 たくさん食卓に登場しそうです

あとは万願寺唐辛子のじゃこ炒め、かぼちゃ煮、切り干し大根と「作り置き系」のおかずさんたち
お弁当にも活躍してくれるしうれしいおかずです

おまけで男前豆腐(へへ)
男前豆腐は ウタに “さも、食後のデザートのように” 出せるのでたまに買います
“さも、デザートのように美味しそうに食べてくれる”クールなウタさんに助けられます

ふ~  ふ~
画像 196画像 197ストロー状のものをくわえると 条件反射で「吸って」しまっていたウタくん

「吹く」と、シャボン玉という素敵なものが出てくるということが最近ようやくわかったようです

うれしくて、吹く 吹く   
どんどん生まれるシャボン玉

シャボン玉に乗っかることができたら これまた 楽しいだろうねぇ   ~じいちゃん家にて~

きたきた、鉾… 鉾…
ちゃりんこで出かける途中、四条通りに出たところで今年初めて『鉾』を目にすることが出来ました        …いよいよ、祇園祭が始まります

こないだの金曜日に「鉾建て」があったことは知っていたのですが、いざ目にするとやはり興奮。      写真は『月鉾』… しばらく見入ってしまいました
画像 205
金曜日の山鉾巡行まで、今週は、何かにつけていろいろな山鉾を見に行ってみよう

周辺は「コンチキチン」のお囃子も聞こえているし、目から、耳から、熱気から 息子たちにも祇園祭を体感してもらおう

ネンくんは産まれて初めての祇園祭  
何を、どう 感じてくれるのかな

やっぱり迫力ある山鉾

歴史と、受け継ぐ人々の熱い想いが重なって見えるから 圧倒されるほどの迫力を放つのかな、とも思います

アロマで虫よけ
わが家の夏の必需品、虫よけスプレー

昨年までは市販のものを使っていたのですが、なるべく身体への負担の少ないものがないものかと この夏を迎える前から探していました

すると、いつもお世話になっている、子育て支援をしているある施設で 有機アロマオイル を使った虫よけスプレー作りをしてくださるということで 跳んで行ってまいりました

画像 204
ローズウッド・レモングラス・ラベンダー・ユーカリ・ティーツリーの5種類のうち 自分の好きな香りを2種類(or3種類)選び、精製水と調合します 

効能優先なら、ローズウッドやティーツリー、ユーカリを。 
「香りを楽しみたいわ」という場合はレモングラスやラベンダーを入れるといいみたいです



レモングラスの香りが好きな私は、レモングラスとユーカリを二滴ずつ、そしてローズウッドを一滴入れたものを精製水で割りました
これで約50㏄の虫よけアロマスプレーの出来あがりです
…うーん、なかなか爽やかな香り

良い香りに包まれながら 蚊にも効果があるなんて もぅうれしすぎます
これで安心して子ども達と外をかけずり回れそうです
蚊、蚊々ってきなさい。

我が家の場合、家の中でもモスキートさんたちに悩まされるので、アロマポットを購入してみようかなぁ
アロマポットでオイルを焚くだけでも 効果はあるんやろか
せめて寝るところだけでも 効果があればうれしいのだけれど、どうしたもんやろう

アロマの香りで熟睡へ導かれながら、蚊も近づいて来ないのなら 「買い」かなぁ
だんな様に相談してみよう、そうしよう

名前の由来
『ウタくんて、どういう漢字を書くのですか?』

今日、児童館で 何度かお見かけしたことがある、かわいらしいママさんに話しかけてもらいました

漢字を説明すると、なんとそのママさんも息子さんに まったく同じ漢字で同じ読みの名前を命名するつもりだった(けれど、ご主人に反対されて別の素敵なお名前を命名なされた)と告白されました

本当に驚きました
うちの息子の名前はおそらく 数えるほどしかいない… もしかしたら日本で一人だけではないかと思っていたからです (そんなことはないか(^_^;))

漢字も読みも同じ…  すごいなぁ
そのママさんと深いところでつながっているような気がして つい話し込んでしまいました

そのママさん、タイが大好きだそうで、何度も訪れ 結婚式もタイのチェンマイで挙げたほどのようです

そこで息子さんにもタイ語で名前をつけたいと 『日が昇る』 という意味を持つ言葉をそのまま名前にしたいと考えていらしたとのことでした

しかも、その言葉は タイでは 『日、出ずる国 = 日本』 ということで “日本”を示す言葉でもあるとのことでした

ひやぁ~  驚いたなぁ
うちの息子の名前は、タイでは 『日が昇る ・・・  日本』 という意味があるんだぁ

もちろん うちの子の名前を考えるとき、そのようなことはまったく以て知りませんでした


長男が私のお腹に宿ってくれたとき、夫婦でいろいろなことを話し合いました
『自分たちが大切にしていきたいことは何か   大切にしていってほしいことは何か』

   …生きていく中で出逢うすべてのこと、人、タイミングには必ず意味がある
    感謝しながら つながり・結びを大切に 生きていってほしい

あらためて 言葉にすると難しいのですが、ニュアンスはこのような感じでした
話し合いを重ねて、私たちが大切にしたいことの共通項がぼんやり見えてきて、それを漢字にあてたのがウタの名前でした

それでも タイ語の言葉の意味から 漢字にあてて たどりついたひとつの名前と
私たちが 大切にしていきたいことを 漢字にあてて たどりついたひとつの名前   
…がまったく同じ漢字・読みで一致したということが 私には本当に驚きでした

七夕の前日に出逢えた、なんだか不思議だけれど 感慨深い、うれしい出来事でした



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。