ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
奈良・大和郡山 矢田寺のあじさい
前週の三室戸寺に続き、先週末も あじさいを見に連れて行っていただきました
ことしは 不思議なくらい紫陽花に惹かれてしまっています …

画像 185画像 189














お寺が矢田丘陵の中腹にあるため、行きはひたすら階段を登ります
上り階段の途中にも 参拝者を励ますように咲いている紫陽花…

沢山の紫陽花に会える期待を胸に、ゼィゼィ言いながらも階段を登りきると… 
参道ごしに見える本殿と咲き誇るあじさいに圧巻!

一瞬目に入ってきた景色だけでも充分大感激だったのですが、ここから唸るようなすてきな情景がたくさん飛び込んできて 半分見て回っただけでももう『お腹いっぱい…』とつぶやいてしまうほどでした

画像 188画像 186画像 187








画像 192画像 193画像 190








本殿を参拝させていただいた後に 本殿裏から御影堂に上っていくと、急勾配の山に沿っても紫陽花の大群が咲き誇っていました

急な山道を登りながら、山肌に沿って咲くあじさいを時にくぐったりしながら進みました
“紫陽花をくぐることなんて なかなかできないよなぁ”と思いながらも 森の住人の気分を少しだけ味あわせていただきました

あまりに美しくて写真を沢山撮っていたら、御影堂から降りてきた時点で なんとデジカメの電源が…  切れる…
写真が撮れないのに、最後に訪れた『あじさい園』がもう素晴らしすぎたことと言ったら…

小さな谷のようになっている庭園をゆっくり見て回れば いろいろな色、そして沢山の種類の紫陽花がいろんな表情を見せてくれ、そして重なり合って幾重・幾色にも見える紫陽花群を 立ち止まる所々で見上げたり 見下ろしたり…  

立ち止まる場所ごとに違う表情に出会えるうれしさ …
たくましく、つつましく咲くあじさいを間近で見ながら
紫陽花が創りあげている世界を充分に堪能させていただいたのでした

あじさい庭園の写真を残すことが出来なかったことが残念でしたが これは、『次回がある』ことだと勝手に良い解釈をしながら帰路についたのでした
それまで…  しっかりと映像を心に残しておこう

それにしても本当にすばらしかった矢田寺のあじさい …
できれば来年も訪れたいなぁ

嫁のわがままにご一緒してくださったお義母さん お義姉さん  
本当にありがとうございました
おかげさまで あじさい、私の心にいっぱいです …


スポンサーサイト
三室戸寺 あじさい
ことし、何故だか 急にあじさいにとても惹かれるようになってしまいました
街で ちっさい蕾が開きかけている紫陽花を見かけるたびに 溜め息まじりについ見入ってしまっていました

たくさんの紫陽花に会いたくなって、お義母さん・お義姉さんをお誘いし、先月 観光で訪れた宇治の三室戸寺へ行きました

画像 184画像 183画像 179画像 178画像 182
ライトアップされた一万株のあじさい
とっても幻想的でした

ライトアップの時だけ演奏されるという
ヴァイオリンのコンサートも…



三室戸寺に着いた時、ちょうどミスト状の雨が降っていましたが、しばらくすると雨も上がり…
蒸した空気を鎮め、そして紫陽花たちに潤いを与えたようで、一層 冴えて見えました

ちっさな水滴がついている紫陽花…      やっぱり雨が似合うお花です。

ライトアップされた紫陽花が浮かび上がるように見え、耳からはヴァイオリンの音色が聞こえてきて うっとりとしてしまいました

ただ、夜間はお寺の参拝をすることができないということで少しだけ残念でした
次回、ぜひお昼間に訪れてみたいと思いました

参拝させていただいた後の 庭園巡りはまた格別だろうなぁ
お昼間の太陽の下 咲き誇るあじさいの姿も眺めてみたいなぁ…

今回は 『あじさいが見たい』という私のわがままを、お義母さんとお義姉さんに叶えていただきました
きれいに咲く紫陽花を一緒に見ることが出来て、とてもいい思い出になりました

次回、お昼間のあじさいも、ぜひ一緒に見に訪れましょうね
その時は 中村藤吉カフェにも寄って 生茶ゼリィもいっしょにいただきたいなぁ …
(やっぱり“花と団子”…)

うれしい出逢い
先月のゴールデンウィークの頃のこと…
だんなさんが子ども達を見ておいてくれると言うので、超久々に一人だけの時間を持てることになりました

あまりに急で、どこに行っていいのかわからない私…
とりあえず自転車に乗ってふらふら出かけました

のんびり自転車をこいでいて 町屋のギャラリーの前を通過する
いつも子ども二人を連れての外出に慣れてしまっていて “ギャラリーなんて覗くことが出来ないもの” と思い込んでいた私    
「おっっ、 そういや今日は一人やった」 と思い出し 急ブレーキ
引き返して心を落ち着け、ギャラリーの中へと入りました

島 るり子さんの 『日々の器展』 が開催されていました

画像 124ギャラリーのざわさんにて
主に粉引き・焼締めの器が置かれていました

手にとって眺めたくなる絶妙なバランスの器
一度手に取るとしっくり馴染む感じがしていつまでも眺めていたくなります

このお皿にお料理を盛るとどんなに幸せな気持ちになれるか…


不思議なことに こちらを訪れる少し前から、ずっと大切に使える 粉引きの器に惹かれ始めていた私
一点一点 ゆっくりゆっくり見て回らせていただいていました

すると島さんご本人が お茶を運んできてくださり 『今から知人とお茶するんですけど、よかったらご一緒しませんか』 とお声をかけてくだいました

初対面のトライアングルの中央に、あたたかいお茶の注がれた島さんの器 …
永く、そして大切に使い込まれたことで味のある色に落ち着いている粉引きのお湯呑は 手にやさしく馴染んで美しく、存在感を放っていました
そして長野から持ってこられたという 島さんお手製の“くらかけ豆の彩り浸し”を供してくださいました    (この くらかけ豆がおいしかったこと…) 

初対面だった私に、島さんはいろいろなことを話してくださいました
深く届くお言葉ばかりで 島さんのお言葉は私の心に沁み入りました

本当の意味で 寛かな暮らしをされている方
そして それを表現し ひとに伝えていらっしゃる島さん

器に触れると 島さんのお人柄 そのものが宿っていると感じました
器と共に暮らすことで 私のこころのブレを正してくれ、大切なことは何かを伝えてくれそうな、そんな器になりそうです

感謝する、本当にすてきな出逢いでした
大切に、大切に 使わせていただこうと思います


子育てママさんたちの持ち寄りランチ
いつも遊びに行かせていただいている児童館でお弁当を食べていたある日のこと

『こうしてみんながそれぞれお弁当を持ってきてここで食べるなら、一品だけ多めに作って、みんなで食べようよ』 とあるママさんが超素敵な提案
すぐに児童館の方も掲示板に告知してくださいました

当日 児童館に到着すると おいしそうなごちそうの数々がズラリ
いただく前から 「何が入っているんですか~?」 「レシピは~?」 と大盛り上がり

眺めているだけでお腹がいっぱいになりそうな おいしそうなお料理を前に一斉に
“いただきます”
少しずつお皿に盛って 皆さんが持ってこられた逸品を味わっていただきました

画像 177画像 176

まぁ どの品々もおいしいこと、おいしいこと!
皆さんのご家庭のしあわせをお裾分けしていただいているようでした
さすが 子育て中のママさん… 子どもにも安心して食べてもらえるようにとお野菜中心のヘルシーメニュー
たっぷりお野菜を使ったサラダや ひじき、おから、ごま豆腐… 打ち合わせしていないのに今の季節にぴったりな、カラダが喜ぶメニューがずららっと揃ったのでした

私が持って行かせてもらったのは『鶏・手羽元のレモンクリーム煮』
ヘルシーなお料理が並ぶ中 浮いてしまってました(笑)

“暑い時期のクリーム系はなぁ”と悩んでいましたが、そうだ、レモンと合わせてみよう…と作ってみてしまいました   これなら冷めた状態でもおいしく食べれるのではないかと…     
お野菜もたっぷり入れてみようと、新じゃがやズッキーニ、新玉ねぎに人参、プチトマトも入れて…

おしゃべりしたことないママさんたちばかりなのに、作ったこともない料理を持っていくなんて いい度胸してるなぁ…   (行ってから急に恥ずかしくなるタイプです)

企画の段階では “幼い子どもがいる中での料理は、どうしても子どもに合わせて薄味にしたり辛いものを避けたりしがちだから 普段食べられない冒険料理を持ってくるっていうのも面白いね” と話しているのを聞いたので 思いっきりハジケたお料理を持っていってみようかとも考えたのですが、そんなことを考えているのはどうやら私くらいだったらしく、みなさんとってもヘルシー… (早とちりも私の残念な得意技…)

やっぱり 子どものおいしそうな顔がイチバンのご馳走☆という素敵なママさんばかりで、ヘルシーとは逆方向を向いちゃってる我が家の食生活をみなさんに垣間見せちゃって少し恥ずかしかったデス 

とはいうものの、手づくりのお料理を囲んでのお食事はとっても楽しく 和気あいあいの素敵な時間でした

次回も計画してくださっているみたいなので ぜひ参加させていただこうと思っています
ヘルシー&すてき料理、勉強しなければ…


早起きの賜物
こないだの日曜日の朝
まだ寝ている私の横で子ども達ふたりがキャッキャと遊びはじめている…

「ん、ん、もう朝か…」      眠りが浅くなり始めるワタシ。
枕元に時計を置いていないので、カーテンから漏れる光の明るさと 外の音で何時かを判断する。

“この明るさだと7時過ぎ頃かな…   日曜の朝ということにしても外はまだ静かやし、
 7時半にはなっていないだろう…”

そろそろ起きるべきか  
うーんしかし だんなさんがお休みの貴重な日曜日。 私の唯一の休日でもあーる。
モウスコシ ユックリシタイ…

けどけど子どもより遅く起きるなんて母親失格か…    眠さ、そして弱い自分と闘う
んんん、ならぬならぬ…     よっしゃ、起きよう!   意を決して布団をガバッ!!

母ちゃん、起きたよ!!

ウタがお腹空いたというので台所へ。    ふと時計を見る

2~3回 凝視した。       AM4時55分 。

    うおぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーー
ほんまに母ちゃん叫んだよ。

腹時計と 朝の時間当てだけは 私の中だけで自信あったのにぃぃ     しょぼん

かんなり前置きが長くなってしまいましたが、そんなこんなの末 早起きさせてもらったこともあって、東寺のガラクタ市に行ってきました

画像 175画像 174毎月第一日曜日に開催されるガラクタ市。 
アンティークや骨董、古着物などなど いろいろなものが並んでいます

7時半過ぎに東寺に着いた頃には、すでにひと波終わっていたようで 品物がずいぶん売れているようでした


ゆっくり見て回りたいだんな様と私
…が、しかし、  子ども達 早起きがたたって撃沈寸前 (今か…)
眠いから帰ると言い出す…。
気になるものもそのままに、早々に家路へとついたのでした

けれど、子ども達に起こしてもらったお陰で、いつもの日曜日だったら観なかったであろう、ステキな映像を見ることが出来ました

朝市に行く準備していた傍ら、たまたまつけてたテレビで、内田也哉子さんと歌手のUAさん、フードジャーナリストの野村友里さんが対談されていました

この対談が面白いことといったら…    『ボクらの時代』という番組だったようです
思わず録画してしまいました…

いろいろなことを、大いに大いに考えさせていただきました
皆さんの口から出てくる言葉が あたたかいけれど刺激的で、とっても深い…
だんなさんと見入ってしまいました

いつもの日曜の過ごし方を送っていたら あのステキ映像、そして教訓になりそうな深い言葉には出合えていなかった…
早起きしてくれたこどもたち、ありがとう…      
早起きってやっぱり何か、いいことある。  

感謝しながら振り返り、そして反省…   叫び声を聞いた子ども達、キョトンとしてたなぁ
何の叫びなのか、訳わかんなかっただろうなぁ

ごめんね
日曜日でも、ちゃんと『かあちゃんスイッチ』すぐに入るようにしとくからね

反省しながら、あらためて、「ボクらの時代」で3人が語っていた言葉が胸にしみた日曜日でした


中村軒さんへ
画像 168画像 170












甘味をいただきに中村軒さんへ

わらび餅と白あん入りのきんつば そして宇治抹茶ミルク金時をいただきました

これらの甘味を目の前にして、我が家で唯一食べることの出来ない離乳食中の弟ネンさん
抹茶ミルク金時を前に 満面の笑みです    せつない…

まるで かき氷の上にトッピングされているようです …

冷ゃっこい…

生まれて初めてのかき氷
…が、中村軒さんなんて うらやましいっす

冷ゃっこすぎて 顔がどっかに飛んでいってしまいそうなんですか?


大盛りだいすき
画像 173
弟くん、めでたくお砂場デビューを果たしました
先輩としてウタ兄が指導してくれているようです

せっせと遊んでいるところに、4歳くらいの女の子が
「あーそぼぉ」と輪に入ってきてくれました

私の横にぴったりくっついて座った女の子。
『ごはん入れてあげるね』と言ってくれながらお椀に
お砂を盛ってくれます

『おばちゃんに、大盛りをお願いね』と言うと 
てんこもりに入れて“どうぞ”してくれました

 私    『わーい ありがとう  ムシャムシャムシャ…』

女の子  『おばちゃん 大盛り、好き?』

 私    『好きぃ   と言うか、だーい好き。』

女の子  『なんで好きぃ?』

 私    『なんで…かぁ  なんで… なんで  …うーん うーんと   大きくなりたいからぁ』 
         ↑170近い身長の私の横で女の子は真面目に受け止めてくれていました

女の子  『ふーん…  おばちゃんはいつも大盛り食べるん?』

 私    『食べるよぉ  いっつも大盛り』

女の子  『じゃぁ これもたーくさん食べてね』
         (女の子のカワユイ声におばちゃん ちょっぴり切なくなる)

 私    『うれしいなぁ  ありがとうね   いっただっきまーす   ムシャムシャムシャ… 
       おーいしぃなぁ』

女の子にごちそうしてもらって、とってもあったかい気持ちになりました
またいっしょに遊んでくれた時は、こんども 大盛り、おねがいね

『大盛りだいすき』  …息子たちのことではなく 母ちゃんのことなのでしたぁ    
あーぁ…
     
やってきたぁ  ゴーヤの季節
この日、ゴーヤチャンプルを作る予定でした…。

けどけど 何だかゴーヤをもっとダイレクトに味わいたくなって直前にサラダへと変更
チャンプルに入れるはずだった豚肉とお豆腐は豚丼風な味付けにしてモロッコ豆とコトコト

『チャンプルひと皿』の予定から ふた品できあがったのでしたぁ

画像 165画像 166



ゴーヤのサラダにはプロセスチーズと鰹節、そして隠し味に少しだけ柚子胡椒を入れました     だんなさんはとってもお口にあったようです  (ヨカッタ…)


京都の暑っつい暑っつい夏を乗り切るために、今年もゴーヤさんにはたくさん登場していただく予定です

鴨川にて
画像 172画像 171






父ちゃんが大好きな鴨川にて

父ちゃんといっしょにシャボン玉




あまりに気持ちがよかったので、弟くんをシロツメクサの上でハイハイさせていたら  
何ぞ 得体の知れない生物に足をたくさん噛まれてしまいました   ゴメンね ネンくん …    


のんびり日曜
画像 1625月のある日曜日
京都大学近くにある「ひらがな館」でお昼ごはん


京大生の気分に浸るウタさん

画像 161









              その後“タケリア パチャンガ”のタコスをテイクアウトいたしました
              『タコス と大文字さんと エセアンパンマン』


画像 164帰りに今出川のエズブルーさんでパンを買いました

旦那さんが『これ、買っといてな』と言っていたパンを私が勘違い…(汗)
間違って買ってしまった、真ん中の“コルネクレーム”をいただいてみると実はこれが大当たり☆
ごめんねと言いながら間違えてもうた責任で『うしうし』といただきました

おいしい笑顔たくさんな日曜日でした
ごちそうさまでした …


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。