ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
おくりびと
画像 062
息子が 数日前から、こんなことをします 。

ティッシュを一枚とってきて丁寧に運んでくる
          ↓
        正座で座る
          ↓
       神妙な面持ちで




画像 063
          ↓
          ↓
          
大切な車に スーーっとかける



…モックンは もう少し美しい所作でしたよ

スポンサーサイト
まぐろのピカタ
『冷蔵庫に入ってる、一袋30円で購入したルッコラをどうやって使おう…』  
メニューが決まらないまま、夕食を作る時間を迎えてしまいました
『うっ っう~ 決まらん~       今からお買い物に出かけるのも…なぁ』
こうなりゃ家にストックしてある物 総動員で取りかかるのだぁ

何としても使いたい ルッコラを軸にして、メニューを組み立てることに。
まず 冷凍していたマグロのブロックを自然解凍    
非常時用にストックしている トマトの水煮缶と大豆の水煮缶も動員されます
小分けで冷凍保存しているジェノバソースも解凍

出てこい、出てこい 眠っていた食材たちぃ
…ストックオールスターズやな   

画像 060画像 059

ルッコラありきのメニューだったのに、なんとルッコラを乗せ忘れる私 (間違い探し)
だんなさんは食べ始めていましたが 撮り直しです  (正解:右)

揚げ物をめったにしない我が家では、“つけて焼くだけ”のピカタは割とよく作ります
今回はマグロを使いましたが、鶏の胸肉や豚肉もよく使います  
それからお助けメニューでお豆腐もピカタに。 メインのおかずになってくれる頼もしいお助けさんです

衣は全卵・薄力粉・粉チーズ・パセリ。 たまにマヨネーズを入れたりもします

付け合わせはエリンギのソテー、菜の花のからし和え、カリフラワーのおじゃこ&オイスターソースかけです

やはり保険として 乾物やトマト缶、日持ちする常備野菜などは少しだけでもストックしておくと安心です
最近、常備菜や保存食にも興味が沸いてきているのですが、なかなか… … 

なるべく時間を見つけて、てづくりの物をストックできるようになれたらいいなぁ

吟醸酒ケーキ
同じく 島根の母から送られてきたお菓子

画像 058香住鶴の吟醸酒ケーキ


母の故郷にある日本酒の蔵元
香住鶴が作っている日本酒ケーキです

卵白のきめ細かさに 
ほんのりと日本酒の甘み・旨みがとけこんだ
 “シュワしっとり”なケーキです

よう考えたら、巷のケーキも隠し味にブランデーやラム酒などを使用したりするものなぁ
おそらくいいランクの日本酒を使っているのでしょう… とても上品に仕上がってるケーキです

こちらの蔵元さんのお酒はとってもおいしいです
先日、知人から “香住鶴・しぼりたて生酒”を頂戴したのですが、どうしても我慢ならず 禁酒の身ながら少しだけいただいてしまいました

まぁ しみじみ、しみじみ  おいしかったこと、おいしかったこと…
ほどほどで止めることに成功いたしましたが、吟醸酒ケーキをいただいて 再びあのおいしさが甦ってきてしまいました

ならぬ、ならぬ、、、     こんどの冬までたのしみ待つことにしよう


島根の実家より
島根の母から食材が届きました   いつもすみません

画像 057
松葉蟹 (涙)
蟹の内子&外子の炊き込みご飯
地元のかまぼこ
同じく地元の練り物も入っていたので
聖護院かぶらと炊き合わせに


春の到来を感じさせる うすいえんどう豆も生のまま送ってくれました

鶏肉と さいの目に切った長芋を豆板醤と生姜で炒め そこに酒と中華スープを加え軽く煮たところにさっと塩茹でしたえんどう豆を加え、卵でとじました
それぞれの食感がおもしろくて いくらでも食べれてしまいます…
春はもうすぐそこですよん とえんどうさんに教えて頂きました

かに… 松葉かに…  母が送ってくれなければ、このような食材は味わえません
蟹をさばこうと思えば捌けるのですが、二人の子どもを見ながらの台所仕事に少々息切れを感じ始めてきた最近、、、  それを感じ取ってか、すぐに食べれるように母がさばいた状態で送ってきてくれたのでした
いつまでも甘ったれた娘で、本当 ごめんなさい

『もう冬も終わりなので味わってくださいよ~』と言いたそうな蟹と、出始めのえんどう豆の
鮮やかなグリーンに冬と春のはざまを感じながら、島根の母の気持ちをありがたくもらった夕食でした

つくえ
旬なTシャツを買ったお店、奈良のMLP shopさんで、子たち用の机を見つけました

画像 042イギリスの小学校で使われていた
机だそうです

少しわかりづらいですが机の台の部分が
作業しやすいように、手前に向かって
やや傾斜しています
台を持ち上げると 収納スペースが現れます

そして当時の子ども達が書いたり削ったりした落書きもかわいらしく残っています


…だんなさまと一目惚れしてしまい
子ども達にという口実で購入してしまいました

いずれ、勉強机として使ってくれるか
遊び机となることか

どちらにしても たくさん使って あなたたちの傷(しるし)をたくさん記してね


バレンタインの日の現実と妄想
『お、今日はバレンタインでしたか。 おめでとう』 という言葉だけで済まそう… と毎年毎年思っている私ですが、やはり流されてしまった  お菓子メーカーの戦略と世間の波に…

今やノルマのように鎮座しているバレンタインというイベントに、やはり今年も“よっこらしょ”と鎮座されてしまいました    白旗ぁー。

とは言うものの、日頃の感謝は伝えたいもの 。  バレンタインというものに乗っかってチーズフォンデュと 手作りフォンダンショコラを用意したのでした

画像 056

ホットプレートで簡単フォンデュ
だんな様はモーレツに食べ続け
写真の2倍量をペロッと。

ウタも食べれてめでたし。





画像 055

初めてフォンダンショコラを
焼きましたが
美味しくできてビックリ

ウタにはクッキーを焼きました




ほんとは、イベント事が得意ではないのです…
毎年、葛藤に打ち負かされながら(打ち勝っている?) やはりチョコを手作りしてしまう私。
『なんだかなぁ』と阿藤快さんのようにつぶやきながら 頭の中ではいろんなことが巡っています

こんなことを書くと妄想癖がバレますが(今さら?)、 “今年はいったい何組のカップルが誕生するんだろう♪” とか “おっと、今年のバレンタインは土曜日だけど 学校や会社がお休みで渡せない女の子は大変だろうなぁ”とか どうしても真剣に考えてしまう

妄想は止まらず…  で、
息子達が大きくなってバレンタインの日を迎えたらハハも気になるのだろうなぁ…  とか。

『母ちゃん、もらえんかったわぁ』 と告白されても 『がっはっはー そうか息子よ、よう言うてくれた! ほんなら母ちゃんが作ったるわな 』 と心を込めて作ってあげるだろう…
彼女ちゃんができたら、素敵なチョコをくれるだろうから、その時は母ちゃんは控えめなものを用意しよう。
けどけど、ちょっと待てよ    その彼女ちゃんが私のようにアンチ・バレンタインな娘さんだったら… そん時は、母ちゃんもチョコはよそう。   
気が合う彼女さんと息子に何かしてあげよう

妄想は止まらんなぁ
息子たちはまだ、2歳と0歳… 


寒い中、ありがとう
なんだか最近、カメラと私の調子がおかしいのか 写真がおかしなことになっていてすみません…  先日 友人たちに来てもらって、一緒にお昼ごはんを食べたときの写真です

年末に張りきってルーから手作りしたビーフシチューを調子に乗ってまた作ってしまいました
ビーフシチューと季節のお野菜たちで、体の中からあったまってもらいたくて 。
シチューの中にはお大根も入れました

画像 047寒い中来てくれた友の胃をあっためてあげたくて、まずは白菜・玉ねぎ・トマトのスープ

お野菜プレートにはキタアカリのマッシュポテト
蓮根とエリンギのバター蒸し焼き・ブロッコリー・
セロリと人参のきんぴらを。

あ、それからさつま芋の伊予かん煮


画像 049

パスタは海老とジャガ芋の
ジェノベーゼ

ワインがほしい…!!




画像 048友人が買ってきてくれた
フォートナム&メイソンの天然酵母パン
創業301年なのですね…!

これが…これが…
もぅ衝撃のおいしさでした
オレンジピールとビターなココアパウダー
今度、間違いなく買いに行きます!



ほっこりとした中で囲むごはんと 皆でゆっくり話ができる時間は私にとって 
何よりのエネルギーになります
今回も わたしを前に進めてくれる 幸せなひとときを、友たちがくれました

いつもいつもありがとう
また来てねん

御所におでかけ
お休み前の土曜日 『あした、ピクニックしよぉやぁ~』と だんなさまからメール。
同じ日に友人が 『京都御所、梅がきれいに咲いてるよ~』と教えてくれたので こないだの日曜日は 家族で御所までお出かけしました

お外でいただくごはんは、どんなものでも美味しく感じるので まぁ家にあるもので適当に
ちょこらちょこらと作って持っていきました

御所に着く直前に、京都に遊びに来ていたお義姉さんも来てくれることになり、御所で合流
「伊勢丹に美味しいものがたくさんあったよ~」 と、お土産をたくさん持ってきてくれ 一気に豪勢なランチとなりました      わざわざごめんね…  ありがとう。

画像 051画像 052

右上の『下鴨茶寮』のお弁当箱に、みんな釘付けとなり 期待もふくらんでいたようですが、じゃじゃ~ん♪ 母ちゃん手作りの炊込みおにぎりでしたぁ   はっはーー (ごめん)

左上は前夜にだんな様がはりきって作った チーズの燻製。 ウイスキーを持ってきたかったそうですが、発泡酒に…   発泡酒からビールに昇格する日は近いのでしょうか…

右下のパンは hohoemi さんで。 やっぱりほっとする味です…

御所には梅を見に来たはずなのに、お腹がぺこぺこだった私たちは 梅にたどり着く前にお弁当を広げてしまいました     
「何もこんな所で…」というような所でわいわいしたのでした
“花より団子”とは私たちのためにあるような言葉です

画像 053画像 054


弟くんと帽子をかえっこして
うれしそうなウタ






春は もうすぐかなぁ …
旬 。
画像 045

奈良のアンティークショップにて
目にとまった こどものTシャツ 

お尻のところに旬なことば
店主さんも気づいていなかったそうです…



画像 046

表はこんな感じです
オバマさんの任期中は はりきって着ようね


しかし、いい言葉だなぁ
『 Yes we can 』
わたしは、ノッチさんも好きです


これでおいしい熱燗
画像 041フリーマーケットで気になる品を見つけました
錫製の酒器 。     
これで熱燗、たまらんやろうなぁ… とボーっと考えていたら、『真鍮(しんちゅう)やし、ええもんやと思うよ~』と売っていたおばさま…     
だんな様と悩んでいると、価格をナント 400円に。

これはもう、買いです  

帰って見てみるとこれらの酒器、未使用のようでした
湯につけておけば好きな温度でいただけるし
持ち手も熱くないようになってるし…
とってもいいお買い物でした

子どもにお酒が回ってしまう今は呑むことができませんが、少し先の自分たちの楽しみに… 

ここ数年 お酒からは遠ざかっていますが、ほんとはお酒、大好きなんです
リラックスできて、思考が広くなる感じもして、人生ってイイもんだなって思えたりします
お酒の時のお話って 受け皿も大きくなる感じがするし 心に留めたいことがたくさんあったりします     酒場の雰囲気も大好きです

ゆっくりお酒をたのしむことができるのは もう少し先ですが、その時をたのしみに…
ただ、素面でも酔ってるのかって感じでお話してて後で驚かれることもあります

なにはともあれ、たのしいお酒は、大好きです

ドイツとフランスの 本物のお味
画像 038
友人が、涙の出るお土産を… 

奥が芦屋の『ベッカライ ビオブロート』さんのパン  

手前は吹田の『シュクレクール』さんのパンたち…




かなりの距離なのに、二つの店舗をハシゴしてくれ、さらに その日のうちに我が家へ届けに来てくれたのでした…

パンにとっても詳しい友人が、ぜひ行ってみたかったという ビオブロートさん。
麦をはじめ、原材料のほとんどは有機のものを使い、麦も臼でひいた自家製粉とのこと。
いただいてみると 香ばしくもやさしい全粒粉の味が口いっぱいに広がりました  
純粋で力強い、いい素材たちが手を結ぶと 調和し、ピュアでやさしい味を生み出すのだなぁと感じました     それを融合させるマイスターの技術…
原材料のこだわりと作り手さんの志は、パンひとつひとつからきちんと伝わっています。 
やさしくも力強いパンでした

吹田のシュクレクールさんは、私がずっとずっと気になっていたパン屋さん
クロワッサンの美味しさといったら…  オーブンで温めなおしていただいたら、もう…
目を閉じて、フランスの風景を上映しながらいただきました

ドイツとフランスを運んできてくれた友人  
大変だったでしょうに、本当に本当にありがとう…
ドイツとフランスのお味にどっぷり浸りながら、友人に心から感謝した一日でした

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。