ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いつも ありがとうございます
ブログにご訪問くださっている方々、 コメントをくださる方々
いつも本当に、ほんとうにありがとうございます

良くも悪くもマイペースなわたしの性質を引き継いでしまってか
お腹の赤ちゃんは未だサインを出さないで お腹の中にいてくれています…

出産予定日を1週間過ぎても兆候が見られないため明日から入院することになりましたぁ
入院してから1週間は、自然分娩を促すようにしてくださるようなのですが いつ、どのような出産が迎えられるか… 
けれどお腹の子を信じて、いっしょにがんばってこようと思います

暫くの間 留守にしてしまいますが (皆様のブログに訪問できないのも寂しいです…)
赤ちゃんが生まれましたら 携帯からご報告させていただけたらと思っています

よいご報告ができるといいなぁ      がんばってまいります…  

スポンサーサイト
妄想オリンピック
オリンピック… 昨日の女子ソフトボール アメリカ戦と、 野球のアメリカ戦を観てました
惜しかったですねぇ   
ソフトボールは今日 決勝でふたたびアメリカと戦うのですね   がんばってほしいです。

ソフトを観戦しながら ちょっとだけ選手を羨望のまなざしで見てしまいます
ソフトボールを本格的にやったことはないのですが、 
小さい頃にソフトボールができる環境があれば 間違いなくやっていたと思われるからです

小さい頃からなぜか野球が好きで、いつも男の子に混じって野球をしていました
父親にもよくキャッチボールをつきあってもらっていました
とっても変わった女の子でした  (カミングアウト)

小学校で部活動を選択する際、バレーボールか吹奏楽しかなかったため、バレー部へ。
以来 20年間、 結構 本格的にバレーボールをやってきていたのですが 
何かわからないけど自分の中にずっともやもやしたものを抱えながら続けていたのでした

学生時代は練習に明け暮れ、バレーで就職のお話も何件かいただいていたりもしたのですが バレーで大切なものやセンスが わたしには無いなぁといつもつくづく感じていて
『自分には向いてないスポーツだなぁ』と思いながらやっていたのでした

人生に『もしも…』はないと思っているのですが、ソフトボールの試合を見ていると
つい やっていたらどうだったんだろう… と考えてしまっている自分がいます

これがソフトボールだけではなくって、困ったことにテニスや卓球やバドミントンでも同じように 勝手に想いを巡らせてしまうのです   
どの競技も難しさや困難や続けていくことの大変さがあるのに…

棚上げ状態の自分に少し嫌になりながらも このオリンピックの時期は
妄想を止められない自分と付き合うのです    ちょっぴり大変です

出産予定日だった今日まで だんなさまが島根の実家に来てくれていました
仕事が終わったその足で深夜夜行バスに乗って遠路はるばる来てくれました

滞在期間は約2日間…  最終日の今日が予定日…
タイミングが合えば、だんなさまに赤ちゃんを抱き上げてほしかったのですが…

だんなさまをお見送りする直前まで
 『いま陣痛が始まってくれたら一緒に迎えてあげられるけどなぁ』と 淡い期待を
持っていたのですが まだ出てきてくれるタイミングではなかったようで 
今回は赤ちゃんの顔をみず だんな様は帰って行ってしまいました

だんな様が乗っているバスを見上げてると、最後は何とも言えない気持ちになってしまって大きなお腹を抱えてロータリーをパタパタと小走りでぐるっと回り バスを追っかけまわして延々と手を振り続けてしまいました

そんなひとは わたしひとりでした

楽しい時間や、貴重な時間というのはあっという間に感じるもので この2日間はほんと
『へっ??』って思うほど またたく間に過ぎて行ってしまいました

貴重なお休みをつかって 遠路来てくれただんなさま、 ありがとうね

豆茶花さん
地元に あたらしくアジアンカフェができたのでおじゃましてきました
若い女性の方たちでがんばってらっしゃいます

005.jpg

手前
 バナナとキャラメル ジャスミンティーのパフェ
奥側
 小豆と抹茶氷の杏仁パフェ




昔の長屋を改装してお店にしてらっしゃいます   
中庭もあるし、オープンスペースもあるので ほんとアジアの屋台に来ているような
のんびりした空気が流れていました

今回はお茶をしに来ましたが、お食事もおいしそう☆
帰ってきたら またホッとひと息つきにこよう

今朝 WOWWOWで サザンの『30周年記念ライブ 直前スペシャル』
というものをやってました

桑田さんのインタビューあり、昔の懐かしい曲あり、エピソードありで、
30分の番組ながらも とっても内容の濃いものでした

結成して30年なのですね     考えたらすごいことだと思います

サザンが登場した頃のことを はっきりと覚えています
ランニングに短パン姿の桑田さんが 自分の頭を指さして『ノイローゼ ノイローゼ』と言いながら “勝手にシンドバッド”を歌っている姿を見て 幼なかった私は、なんかよくわからないけど 『すごいひとたちがやってきた』という感覚を持ったのを思い出します

10代も 20代も 30代もサザンの曲と共に過ごしてきた… というところもあるし、
一曲 一曲に思い出が詰まっているので 今年いっぱいで一旦 活動休止と言うのは
ちょっぴりさみしい気もします

新曲のPVでメンバーが宇宙服を着ている姿も なんともせつなく感じてしまいます

けれど、かならず帰ってくるという桑田さんのことばを信じて 楽しみに待っていたいです

あらためて考えてみると30年もの間多くの人を惹きつけ続けるサザンの魅力はなんだろう
とにかく今は かっこいい大人の人たちだなぁと心から思います

30周年記念ライブ、行きたかったなぁ  

けれど行っていたら 興奮しすぎて陣痛が始まっていたかもしれません
 なんて素敵な…
そんなことになったら  …本望よのぅ

うーーみーー 。
しまねの実家からは海が見えます
歩いて5分もすれば 日本海… なのですが 
浜辺の広い海水浴場まで ちょっこしおでかけ

夕方の海に、夕涼みに行きました

umi2.jpg昨年 生まれて初めて海を見たウタ君は
おびえっぱなしで 
お猿さんのように 
じいじの体(メタボなお腹)に
ガッシリとつかまっているだけでした

が、今回は
みずから波とたわむれていました



umi1.jpg



ワカメぇ…





umi6.jpg



夕日、きれいだったね








地元のおうどんやさん
地元に帰ってきたら必ず食べたくなるおうどんがあります
「にしきそば」という おうどんやさん

002.jpg天婦羅うどんと 卵とじうどん
こちらのうどんのお出汁の味がとても好きです
もう少し麺の腰が強ければ
言うこと無いのですが…
関西のおうどんもやわらかめですが
こちらのおうどんは噛まずに飲み込めるくらい
やさしい歯ごたえです

けれど、好きです


udon.jpg

この方は ほんとに
噛まずに飲み込んでおります



ここのおうどんがやっぱり好きで、 
ついついカレーうどんを追加で頼んでしまいました

おなかの赤ちゃんよ、びっくりしたかい ?
いつものことか… 。


写メールで届いた だんな様の力作
『こんなんできましたぁ』  と だんな様から携帯に写メールが届きました

携帯から

『豚しゃぶサラダ』

『ゴーヤとシーチキンの
 炒め物  茗荷添え』

『梅ゴーヤ』 

 …だそうです





 ※ 彼の携帯から私の携帯に届いた画像をパソコンに落としたために
    画像がかなり悪くてすみません


お昼間に 用事があって電話で話しているときに
「今日は晩ごはんを何にするか決めてるから楽やねん」
と話していただんな様  

わたしはてっきり外食して帰るものだと思っておりました…

仕事で疲れて帰ってきているのに、ひとり分のごはんを作って、
そしてそれをひとりで食べているだんな様の姿を想像すると
申し訳ない気持ちでいっぱいになります

やり始めると 丁寧に作業を進めるだんな様
疲れてお腹ぺこぺこの中、時間がかかりながらも がんばって作ったんだなぁ…

できあがったお料理たちは とってもとってもおいしそうだけど
写真を見ていると 彼のいろんな姿が目に浮かんで 涙が出そうでした

『今晩は献立が決まってたから気分的に楽やったけど、
 いつもいろいろ考えながら作ってくれているんやね  感謝… 感謝 』  と
自分の大変さが伝わらないように 逆に労いの言葉をかけてくれるだんな様…

そのありがたいことばも もったいない…   いろんなことが 私にはもったいない…


いつもいつも、 ほんとうに ごめんね           ありがとうね 

野呂本店のお漬物
京都で好きなお漬物のひとつ
野呂本店の青てっぽうと葵大根です

画像 593青てっぽう
きゅうりの種をくりぬいた中に
味噌漬けにした山ゴボウと青じそが
詰めてあります

奥が葵大根
写真ではわかりにくいですが
大根の切り込みの間に
生姜と青じそが挟み込んであります





どちらのお漬物も 夏にはぴったりのお漬物です
ついつい止まらなくなります

京都でも手に入るのは出町柳の本店だけなので
なかなか買いに行くことができませんが 
近くに行くことがあるとはやり買い求めてしまいます

島根にも持って帰ってきたらよかった…

お肉・お魚ぬきの送別会
2年間 日本で英語を教えておられた カナダ人の女性の送別会をしました
親交のあった8人で感謝の気持ちをこめてお食事会です

お魚・お肉がまったく食べられない先生のためにお野菜中心のメニュー
みんなで持ち寄りパーティーです

karen3.jpg
一番手前から
 「ゴーヤとペンネの
 クリームチーズ和え」

 「フレッシュトマトとアボカド・
 カッテージチーズのサラダ」

左の木のボウルの中は
 「オクラとペンネのサラダ」

そして 「手巻き寿司」

一番奥が
 「鶏手羽先の煮込み」
 (こちらはお酒のアテとして)





そして この後は    (写真がなくて ごめんなさい)

   夏やさいたっぷりのトマトソースのスパゲティ

   エリンギ・長芋・とうもろこし・ブロッコリー・枝豆のグラタン風
  が登場

デザートには 手づくりのチーズケーキをいただき、みんなでわいわい盛り上がりました

カナダに帰ってしまう先生のために我が家が用意したおみやげ

sen3.jpg千社札シール

柘の木でできた
名前入りのストラップと共に

外国の方は 自分の名前を漢字にしてもらうことが
とても嬉しいようで すごく喜んでいただけました
(小さな枠内には先生のミドルネームが入っています)

それにしてもカナダって漢字では
“加奈陀”と記すんだなぁ



カナダに帰っても皆さんのことは忘れませんと、最後は涙なみだでした…
遠く離れても ご縁はずっとつづくもの

カレンさん また会いましょうね


リアル まことちゃん
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。