ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
実はお手本は… 父ちゃんの髪型なのでした
ウタの初散髪ネタがつづいて すみません

ウタの前髪をパッツンにしたかった 最大の理由は、幼き頃のだんな様のヘアースタイルにたまらなく憧れていたからです (わたしだけが。)

ずいぶんと前からお義母さんやお義姉さんたちに この当時のだんな様のヘアースタイルについて わたしなりに、地道に聞き込み調査を続けていました

画像 548

現在のウタと同じくらいの月齢の
当時のだんな様

この髪型にたまらなく憧れていました
(わたしだけが。)



画像 549

ほんとは、このくらいきれいにそろえたかった

ウタのおでこ上部にはさみを置いた途端
だんな様からの無言の圧力が…

そのまま下にはさみをスライドさせて
予定より長い前髪ができあがりました



いつか憧れを実現させたい…
したたかな母ちゃんは目論見中。


スポンサーサイト
名誉挽回
直前の記事のウタの『ヘン顔』があまりに強烈で わたしも落ち着きません

本人も本意ではないはずなので 翌日のウタの写真もアップさせていただきます

画像 544

大好きな車に乗って…

このあと華麗な『ハコ乗り』
も見せてくれました



母ちゃんの独りよがり
ずいぶんと前から ずっと気になっていたウタの前髪…  
パッツーンと切りたくて切りたくて、何度も何度もだんな様に了解を得ようと試みたけど
首を縦に振ってくれない…

もう限界…
ウタの爪を切った後のはさみを持ったまま
『このまま前髪切っちゃっていい?』と覚悟を決めた顔で聞いてみた

だんなさまは『うん』とは言わないけど わたしの表情から察したらしく、
観念した様子で半ばあきらめた目で見つめている

今だっ!!

はい、切っちゃいまーす

だんな様は 『8時20分をさす時計の針』のような眉をしたまま、不安そうに見つめている
普段のわたしなら だんな様の切ない顔を見て踏みとどまるところだけど…

覚悟を決めている女の人は つよいのよ

画像 545

至近距離でウタを案じながら見つめる
だんな様からの無言のプレッシャーを感じつつも
迷いなくテケテケと動くわたしのハサミ
快調、快調



画像 547

このヘアースタイルで
初めての『ヘン顔』を
パシッと決めてくれました

…え ?
それとも怒ってる?



母ちゃんは イメチェンしたウタをしばらくずっと抱きしめていましたが
父ちゃんも、思いの外 満足したようで、写真を撮り続けておりましたわ

鳳 啓助さんに似た感じで、満足しておりましたが
今日 友人に 『FUJIWARAの原西さんみたいやね』 と言われて 
ちょっぴしうれしかった母さんでした。

ありがたい 子育て支援事業
京都市の子育て支援事業、よく利用させていただいています
動きたい盛りのこどもがのびのびと遊ぶことができて、たくさんのお友達ともふれ合え
普段 なかなか味わえない刺激もいただける、とても貴重な場です 

画像 540びりびり新聞のプール

画像 542

                             このプールならわが家でも作れそうかな
いらっしゃーい
気の合う友人がうちにきてくれることになって、いっしょにお昼ご飯を

今回は なかなかメニューが決まらない… 不安なまま当日を迎えました
けどけど どんなメニューでも きっと楽しい時間は過ごせるだろうという安心感…
まるで家族のような友人達…

結局、このような献立に…

画像 538
左上から
・スペアリブと手羽元の煮込み
・オレンジ・人参・三つ葉・蓮根・
 胡桃のサラダ
・コンキリエとガルバンゾ(ひよこ豆)の
 ジェノベーゼ



お肉は、セロリ・人参・玉葱・ドライトマト・ブラックオリーブ・白ワインで煮込みました
仕上げにバターを少し…。  空豆とジャガ芋を添えて…
うえからレモンピールの刻んだものと ピンクペッパーを散らしました

画像 539…きまぐれグラタン
長芋・ベーコン・きのこのソテーの上に
エンドウ豆のホワイトソース&チーズをのっけて
オーブンで焼いたもの

見た目は何じゃこれですが
グラタンの割にあっさり仕上がりました



実は南瓜をくりぬいた中に、えんどう豆のホワイトソースを流し込んで焼く予定が事情で急きょ変更
長芋の方があっさりでよかったよと言ってもらい  …ホッ
…結果オーライ
でもでも、焼き上がった後で、ホタテを入れればよかったと気づいてしまい×
旬のグリーンピース…しかもお義父さんの畑で育ったものだったので、
ピューレ状にしてもお味がしっかり感じられて おいしかったです

写真を撮り忘れてましたが、この日はタイ風イエロー海老カレーも…
本当は メインで登場予定だったのですが、
イメージしたお味とは違うものができあがってしまって…
みんなは『おいしいよぉ』と食べてくれたけど、、、申し訳なかった…絵文字名を入力してください

デザートは前日に大量のペリカンマンゴーをいただいていたので、これを使わせてもらって
マンゴープリンを…  (また写真を撮り忘れておりやす)

やっぱり 家に来てもらうと、ゆっくりできるし 
ごはんをつまみながら他愛のないお話をあれやこれやと… これがなんとも楽しい

みんな、たのしい時間をほんとうにありがとう
まった来てね~
初上陸 小豆島
高松からフェリーに乗って小豆島へ  
思っていたよりも近くて 約30分で到着

島内を走っているバスに揺られて、まずは オリーブ公園に行きました

画像 522

オリーブの路
一瞬 南仏に来たみたい



画像 520

5月だというのに照りつけるような日差し
けどけど オリーブの木々には
このくらいの太陽のたくましさが似合っている



画像 519

ギリシャ風車と
オリーブの木々
青い空



以前 小豆島のグリーンオリーブをいただいたことがあったのですが、
ほんとうにおいしかった…
今回もお土産に買いたかったのですが、オリーブは置いてなく 
残念ながら購入できませんでした
オイル漬けでも 販売する時期があるのでしょうか…

つづいて寒霞渓へ
日本三大渓谷美のひとつだそうです
切り立った岩と新緑のコントラストががきれいでしたが、
紅葉の季節もきっときれいなんだろうなぁ

画像 524
ロープウェーからの一枚
今回はロープウェーで
一気に登りましたが登山道もあり
ゆっくりと散策もできるようです

写真はうまく撮れてませんが
奇峰が海に向かっている景色は圧巻



小豆島のほぼ中央に位置する寒霞渓… 
穏やかな瀬戸内の海に囲まれて、のんびりとした小豆島…というイメージと
また違う一面の小豆島に触れることができて とってもよかったです

山から下りてきて、いい具合にお腹の空いたわたしたち
小豆島でも やっぱりおうどんです

画像 518『手打ちうどん三太郎』さん。讃岐地方ではない小豆島では『さぬきうどん』と銘打ってはいけないのでしょうか
画像 517

しかしながら、麺にコシがあり、しっかりと『さぬきうどん』なおいしさがありました

一度 訪れてみたかった小豆島
瀬戸内の穏やかな海に囲まれて、島全体にゆっくりした空気が流れているのを感じました

当初、高松から岡山を経由して新幹線で帰ることを計画していましたが、
せっかく四国に来ているし 小豆島経由で姫路に抜ける… というコースを選択して大正解
とっても充実した 本当にたのしい四国の旅でした

しかし、さぬきうどんをもう少し堪能したかった
すでに四国がわたしたちを呼んでいます

本場さぬきうどん&栗林公園
新居浜での素敵すぎる時間の余韻に浸りながら その日のうちに高松に移動  → 一泊
高松から小豆島へ渡ることにしていたため 早朝から 『さぬきうどんめぐり』をすることに

が、が、しかし 旅2日目は あいにくの日曜日。
高松市内の 行きたかったうどん店のほぼ全てが定休日jumee☆Feel Depressed3

それでもあきらめず、朝5時半に起床して、6時半には この日、1杯目のさぬきうどんを…
せっかく本場に来たからには、たのしまなきゃ!
…っにしても あさ6時半から うどん …

画像 530だんな様は生醤油かけを
わたしはおだしをかける

こちらのおうどんは
レモンをかけていただくのがおすすめとか



勢いづいて、レモンをギュッと絞ってしまったわたし…
何でもはじめは そのままのお味をたのしむものですね
様子を見ながらレモンを搾ればよかったと後悔…

あえて絞るなら すだちの方が合うような…

お店を出て、すぐ 『食べ始めたらどんどん腹減ってきた』という旦那さま
数少ない 「日曜日に開いているうどん屋さん」を探して もう1軒

朝7時過ぎに2軒目のおうどん。  
食べれちゃうんだよなぁ   わたし達…

小豆島に渡る前に、もう少し高松を巡ろうと 栗林公園に行きました

画像 527
国の特別名勝に指定されている庭園で、日本では最大の広さの公園だそうです
背景に紫雲山があり、広い庭園がより立体的に、美しく感じられました



画像 531
掬月亭
江戸時代初期の
数寄屋造りの建物だそうです

こちらではお抹茶や煎茶がいただけるそうです
ゆっくりとお茶をたのしみたかったなぁ



生まれて初めての高松。
四国独特ののんびりとしたおだやかな空気がありながら、
暮らすには不自由ない都会的な感じもある魅力的なまちでした

もうすこし さぬきうどんを堪能したい…と高松に後ろ髪引かれながらも
フェリーに乗って いざ小豆島へ


スタジオプロヴァンス ~新居浜~
このゴールデンウィーク、連休の二日間で 四国へおじゃましてきました
うれしいお誘いを頂戴して、なんと前日の夜に 急きょ決まった四国行き… 

この旅のいちばんの目的 スタジオプロヴァンスさんへ

画像 529


玄関には壁一面に黄色いモッコウバラが…
そして手入れの行き届いた
とってもすてきなお庭が迎えてくれました
季節のお花が気持ちよさそうに咲いています

南仏を訪れたかのような錯覚…




画像 523アフタヌーンティーをご用意頂いて…
   ∮最上段から∮
プレーン&レモンピールのスコーン
    ∮二段目∮
6種類あるケーキの中から
各々好きなケーキをチョイス
小さなカップの中は、
薔薇のブランマンジェ
    ∮三段目∮
三種のサンドイッチ



6種類ご用意いただいていたケーキの中から私たちが選んだのは…
  マスカルポーネのチーズケーキ
  ラズベリー チーズケーキ
  薔薇のシフォンケーキ

わたしは『薔薇のシフォンケーキ』をいただきましたが、口に入れた瞬間 『!!!』
今までのシフォンケーキのイメージが 吹っ飛んでいきました
なんと表現してよいのか…  シフォンケーキの域を飛び越してました
きめが細かくって、お口に入れた途端にシュワッとした食感が… 
しっとりしているのに軽やかで、未知の食感の後に薔薇の香りと風味がやさしく広がって…
すべてすべて、全体のバランスが絶妙…

だんな様チョイスのマスカルポーネのチーズケーキをひとくち頂戴しようと
隣にフォークを伸ばすと、あるべき場所には すでに無くなっていて、
フォークを持ったまましばし固まってしまいました
『とんでもないおいしさだった』という言葉で納得いたしました
  
画像 525サンドイッチは
スモークサーモンサンド・
人参と新生姜のサンド・
クレソンとペッパーハムのサンド

ジャムも自家製…
ピンクグレープフルーツと林檎のジャム
おいしいお紅茶
二杯目はロイヤルミルクティーを…

こんなおいしい紅茶とはなかなか出会えません



サンドイッチにも、ひとつひとつこだわりを感じます

繊細なセンスが すみずみにちりばめられていて、
いただくごとに小さなしあわせが体に入ってくるようです

ジャムも、ほんとうにすばらしくおいしかった…
だんな様は このジャムにひどく感激し、作り方をいろいろと聞いていました  
やさしいお味なのに 果実の存在感はしっかりとあって
ひとくち食べるごとに 恋しくなって またひとくち…  やさしい余韻のつづくジャムです  

そして… お紅茶がおいしい…!!
ひとくちの紅茶で ここまでしあわせになれるものかなぁ   
二杯目はロイヤルミルクティをいただきましたが まさに『至福のとき』でした 

画像 528


季節によって 咲くお花や
みどりの色合いも微妙に変化するんだろうなぁ

季節ごとに訪れて
こころを潤していただきたい…




こちらを訪れて、からだ全体がやさしくほぐされていくのをはっきり感じました

アフタヌーンティーは、お出しいただいたもの すべてが 
本当に本当にすばらしくおいしかったです
作っていただく方のセンスとお気持ちが お味のすみずみに行き渡って 
やさしいお味なのに からだがハッとするほどのおいしさなのです

キラキラするものが そこら中に舞っていて、それをみつけるたびに心にキュッとくる感覚

何より うれしくしあわせな気分と共に こころに響く空間とお味なのです

だんなさまも、驚きの嵐だったようで ものすごくよい刺激をたくさんいただいたようです
(料理人でもなんでもないのですが…)    
ふたりで 『はぁ~~』としあわせな ため息ばかりついていました


こんなすてきな空間があるんだなぁ…
きれいに澄んだ やさしい空気に満ちたなかで
思い切り深呼吸させてもらいました

ゆったりとした時間の中で きらきらした心地よいエネルギーが入ってきて
こころとからだいっぱいに満たしていただきました


招いてくれた友人…  こころから ありがとう

海老とほうれん草のスパゲティ
お義父さんの畑で穫れた、 新鮮でやわらかいほうれん草をたくさん頂戴したので
この日のお昼はスパゲティでいただくことに

ほうれん草をスープ状にしたら、ウタもいっしょに食べられると思い
火を通したほうれん草と玉葱を ホワイトソースと一緒にミキサーへ

画像 534
少量のバターと白ワインで風味付けした海老をトッピング
ここに、ほうれん草ベースの
ホワイトソースを

パルメザンチーズと黒胡椒をふって



こうやっていただくと、やさいもたくさん食べれるね
いつもおいしいお野菜を ありがとうございます


「何風なんじゃカレー」の数日後
スパイシーなものが食べたくなりました
で、何風かわからないカレーができあがりました

初日は「カレーライス」としていただきましたが
残ったスープを冷蔵庫に保存していたのを思い出し、鶏肉を煮込んでみました

画像 536
敢えて言うならタイ風カレーでしょうか
たっぷりのお野菜と
カレー粉&香辛料、ココナッツミルク
で煮込んでます
完熟のフレッシュトマトがいい味だしてくれました

上にかけたのは
またしても登場のジェノバソース



タイ風カレーに よくバジルが使われているので、アクセントになってくれるかと思って
ジェノバソースをちょっぴしかけてみました

仕込んでから数日経って 味が落ち着いていたカレーと、焼いてから煮込んだ鶏肉とが
馴染んで おいくいただくことができました

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。