ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
だんなさま作
だんなさまが、久しぶりに 作ってくれました…

だんなさまは、『作ってみたい』と思うと、いろいろ凝り出してしまう性格のようです
ウタくんが産まれるまでは、いろいろと作ってくれていました

自家製の燻製器まで作って、いろんなものを燻してみたり…
近くの公園に燻製器と燻す材料を持っていって、ふたりで燻製器を眺めながら 
チーズやら手作りソーセージやら鮭などが燻されるのを待ったりして…   
途中、ステテテ…と自宅まで帰って、モルトウイスキーと氷をグラスに入れて再び現れ、できたての燻製とウイスキーをふたりでチビリチビリとやっておりました

変な夫婦…

今はお互いに忙しくてできないので ふたりであの頃を懐かしんでおりますが、家の中では、たまに気の向いたものを作ってくれます

日は違いますが、最近 だんな様が作ってくれたものです

画像 415たらの芽と豚肉の炒め物
たらの芽は お浸しか天ぷらくらいしか思いつかないので
簡単におかずにできるレシピはないものかと
作ってみたそうです



画像 423水菜と紅芯大根と豆腐のサラダ
紅芯大根の色がきれいです
味付けはごま油と薄口醤油のみ 
めちゃうまです

画像 426
柚子ジャム
だんなさん的にはもう少し
果汁を控えた方がよかったと言ってました
でも、じゅうぶんおいしいよぉ



ジャム作りは、はまるらしくて いろいろと作ってくれます
今まででいちばん印象に残っているのは トマトのジャムかな

梅酒や梅干しも 作ってくれます
たまにしか包丁を持たないし、やはり男の人なので時間がかかったり、切り口が大きかったりしますが 
手を抜かずに、だんなさんなりに一生懸命作ってくれます

てづくりって それだけで ありがたい…
気持ちがとってもうれしい…

いつもいつも、ありがとう…
スポンサーサイト
お鍋パーティ
『よかったらご夫婦でどうぞ』 とのうれしいお誘いをいただいて、
ようちゃん邸におじゃまさま…

『寒いし、お鍋であったまろう』ということになりました…

おじゃましてから 何鍋にするかみんなで相談…
ゆうちゃんが『このまえテレビで観ておいしそうやった』と教えてくれたとろろ鍋に決定
お買物はわたくしに おまかせあーれ。

みんなで準備を分担  主婦が3人あつまると準備もあっという間ねぇ

画像 422


とろろ鍋
一気にこころと体があったかくなりました




お鍋の具材は、地鶏・豚肉・あさり・人参・白菜・しめじ・京水菜・お大根(ピーラーでぺらぺらにむく) そして下仁田ねぎを入れました   

最後 ここに上から、長芋をすってお出汁でのばしたものを、覆うように回しかけます

蓋をして しばし待てば できあがり

いやぁぁぁ 、まいったねぃ     おいしすぎるねぃ


写真には写っていないのですが、ゆうちゃんが わざわざかやくごはんをおうちで炊いて 持ってきてくれて…
『普通この人数やったら、こんな量は持ってこないのだけど』と 前置きしていたけど、
たしかに、明らかに、私とようちゃんの食欲を計算しての量を持ってきてくれました

はい、その計算に狂いはございません  
そう言われても、私とようちゃんの顔色はまったく変わりませんでしたから  
わたくし、かやくごはん 大っ好きなの   
食べ盛りの男子中学生の母親のような表情で、やさしく見守ってくれるゆうちゃん…

このかやくごはんのおいしさから、しばらく抜け出すことが出来ず、
みんなが『お鍋美味しいよぉぉ』 と言っている横で ひたすらひたすら かやくごはんを食べていました   もぐもぐ。
おいしいかやくごはんを ほんとうにありがとう  ゆう母さん…

いよいよお鍋もいただいてみる…  とろろの食感が加わるだけで特別なお鍋になるねぇ  
こりゃ とまらんね   めっちゃおいしいわぁ 

私のお土産は、お義父さんの作られたお野菜と、近所のお豆腐屋さんのお豆腐
京都に住んでから、いろーんな処のお豆腐を買っているけど、我が家で上位に入っているこちらのお豆腐屋さんのおとうふをみんなにもお味見してもらいたくて…

そのままいただくお豆腐と、お鍋用のお豆腐を買ってみました
ようちゃんが、お塩とわさびを用意してくれて、そのままいただくお豆腐にお塩とわさびをつけながらいただきました  やっぱり大豆のお味が濃い…  おいしいね!

京都のお豆腐は ほんとうにおいしいです…

お腹も胸もいっぱいになったというのに、やはり別腹をきちんと持ちあわせているわたしたち…

ようちゃんが、アップルクランブルパイを焼いてくれましたぁ

画像 424部屋中にりんごの甘酸っぱい香りと
シナモン&アーモンドプードルの香りが立ちこめて…
香りだけでも しあわせです
お口に入れると、目をつぶってしまうほど
満ち足りてしまいます  ん~…



焼けたアーモンドプードルが香ばしくて、その甘さと りんごの食感&甘酸っぱさの調和が絶妙です    バニラアイスがまた やさしく包んでくれます…

しあわせ…

いつもいつも しあわせをくれるみんな、ほんとうにありがとう…
どうやって 寝てたの
太陽カフェ と nori's tea house
ようちゃんから うれしいお誘い  
ゆうちゃんと、ようちゃんと いつもの3人(+おチビちゃんたち3人)で 北白川へおでかけ

禁断症状が出ていました…   nori's tea houseさんの紅茶とスコーン…
ひさしぶりで とってもうれしい…   わくわく

その前に… 以前から行ってみたかった 『太陽カフェ』さんへ
うん… かなりまったりできる雰囲気…  

太陽カフェさんでは、軽くお食事をいただきました
いただきたいものを注文して、注文した通りのものが目の前に出てきて… 
主婦になると こういうことがとってもありがたく感じるのです 
手と手を合わせて 『いただきます…』
旦那様に申し訳ないなと思いながら出てきたのですが 
朝 『ゆっくり楽しんで来いやぁ みんなによろしく』
とメールが入って…  いつもごめんね… ありがとう…

だんなさまさまに感謝しながらハンバーグランチをいただく…
目の前には大好きな友たちがいてくれる…  しあわせな気分が満ちあふれる…

太陽カフェさんでは まったりしすぎまして、写真を撮るのを完全に忘れていました…
一緒にわいわいしたゆうちゃんが、きちんと報告してくれていたので、
太陽カフェさんでの私たちの様子はこちらをご覧ください    
ごはんをむしゃっているウタの写真も載せてくれています  (ゆうちゃん、お世話になりまっす

太陽カフェさんを出て、nori's tea houseさんへ歩く…
北白川の冬は これまた寒い…  体の芯から暖まった太陽カフェさんを出ると、息が煙のように見えるほど北白川の街は冷えておりました  …が、 外に出た瞬間、身体から湯気が出ているんではないかと思うほど 太陽カフェさんに暖めてもらいました

そして いよいよ nori's tea houseさんへ

画像 420
左から時計回りに、
りんごのタルト・フォンダンショコラ・レモンのタルト
『あぁ、ずっとながめていたい…』
言葉にすると『じゃ、ずっと眺めておいていいよ』と言われそうだったので
ごくりと飲み込んで幸せを胸にため込みました


画像 419
わたくしは大好きなアールグレイを
ようちゃんローズティー  ゆうちゃんアイスティー
こちらのアイスティーは注文の都度、
茶葉からきちんと抽出するのでタンニンが固まって
濁ってみえるそうですが、
これがほんとにおいしいアイスティー


画像 421

やはりはずせない、nori'sさんのキッシュ






テーブルいっぱいの素敵な器とおいしい紅茶、ケーキたち…
みんなの笑顔…  ほんと、しあわせな気持ちが満ちあふれます
実は いただく前のこの瞬間が いちばんしあわせ…
お話もたくさんしたいのだけど、
みんな『う~ん… う~ん』とそれぞれのおいしい世界に入ってしまいます

夢の中にいるようで このあと、大好きなスコーンまでいただこうとしていた 私とようちゃん…
いつものことながら、ゆうちゃんびっくり
けれど、さすがにお土産にすることで落ち着きました


いつもおたがいのおうちを行き来しているけれど、たまにこうやってお出かけするのも、ほんといいね

幸せ気分満タンで、またあしたからもがんばれそう…  みんな、ありがとう
帰ったら、だんな様とゆっくりお話しよぅって ほんのり笑顔で帰りました

おみやげに スコーン買ったからね  だんな様にも『ありがとう』
トマトソーススパゲティと カレー風味の玄米ドリア
こんれまった しばらく前のごはん…


画像 413


だんな様、ひとり分のご飯どす
ぺろっと平らげていました





手前はルッコラとトマトソースのスパゲッティ
ルッコラはようちゃん邸のベランダで育った、育ちのよいルッコラ
いつも、ほんとうに ありがとう  ほんとに香り高くておいしすぎよ
奥は、玄米ドリア
表面をきちんと色づけなくてごめんなさい…

スパゲティがトマトソースだったのでドリアはほんのりカレー風味に…
玄米と玉葱・鶏肉・コーン・を炒め、少量のカレーパウダーでお味付け
隠し味にケチャップと薄口醤油も入れて炒めました

このドリアがおいしかったらしく、みるみるだんな様のお口に入っていってました
今日もあっという間に 完食
気持ちのよい食べっぷりです

お昼ごはんに 玄米チャーハン
前日の余った玄米を使って たまに玄米チャーハンを作ります
お昼ごはんにちょうどいい

画像 414
玄米とカブの葉・おじゃこ・黒ごまだけ。
炒めて最後に薄口醤油を回し入れる
あ、ごま油も少しだけ…
私は七味を少し入れたのが好き



いつもは大根の葉を使うけど、今日は新鮮なカブの葉があったので こちらを使用

それぞれ違う食感で面白い。  シンプルだけどおいしいです。

玄米チャーハンを食べるたびに思い出す 大阪・生野にある『創華飯店』

もうずいぶんとおじゃましていないなぁ…

こちらの中華の食材はオーガニックのものを使用、化学調味料無添加・お醤油も無農薬大豆から作られたものを使われるなど、食べるごとに恋しくなる、からだにやさしいお料理を味わうことができます

中華料理で化学調味料を使わないと、簡単にコクを出したりパンチを効かせたりするのが難しいと思うけど、素材本来のお味や、食材の組み合わせの妙をきちんと味わえるということにおいても、中華料理はこうあるべきなのかなと考えさせられます

化学調味料に慣れてしまっている舌が、こちらのお料理をいただいた瞬間に目覚めるような感覚です    

身体が欲するお料理こそ、ほんとうの意味で 『おいしいお料理』ということだと思います

もちろん毎日の食事の中で、こういうことを心がけてお料理したり、食べたりできたらいいのですが、なかなか…

でも、たまに何の気なしに玄米チャーハンを作って もぐもぐしていると、
創華飯店を思い出してきて…  

身体にいいものを、ほんとうの意味でおいしいものを… とお料理に向かう女将さんの
志みたいなものを思い出すたびに、わたしも日々、家族につくる料理に向かう気持ちをいい方に向けていきたいなと思うのです

潔さみたいなものを、身につけていきたい…
横で離乳食を食べているウタを見ながら、そんなことをぼんやり考えていました

八丁味噌とデミグラスソースのコラボ
ごめんなさい…  しばらく前の夕ご飯のお鍋です

八丁味噌は、関西では田楽くらいしか使わないようですが 
少しパンチの効いたお鍋が食べたくなって 作ってみました

愛知の方には 果たしてこのようなお鍋は存在するのでしょうか??

いつものように 気分の向くままに(←適当ともいう) 作ってみました

画像 411

実は、以前冷凍してとっておいた
デミグラスソースも足してみました

仲良くしてくれるかしら。




ほんとうは白ごはんの方が合うだろうなぁと思ったのですが、実家の島根の母がお赤飯を送ってきてくれたので、お赤飯と一緒にいただくことに

お鍋の具材は、お大根・白菜・人参・しめじ・ごぼう・じゃが芋・青葉・少量の玉葱
豚肉・(島根の)かまぼこ・お豆腐を入れました

重要なのは 最後に生卵を落とすこと
卵は 火入れを慎重に、半熟状態の時に 『いただきます☆』

だんなさまは 『うんめぇ』と言って がっついていました

締めには、やはり おうどんがいいでしょうね
やはりここでも 半熟卵は外せないと思われます

隠し味程度に入れたデミグラスソースとの相性もよく、かなりパンチのあるお鍋です
白ごはんのすすむお鍋…
たまにはこういうお鍋もいいね


そしてそして、翌日の夕ご飯には…

画像 412
お鍋のスープを使って
鶏もも肉のソテー 八丁味噌ソースを
上にチーズをのっけてみました

ソースが決まっているだけで
晩ご飯の準備がラクチンです


お鍋の残りのスープに(お味を見て、もし濃ければお水で薄める)
ほんの少しだけお酒・薄口醤油を入れて煮詰めただけのスープ

こちらも旦那さまのお口には合ったようです

寒い冬には 体を温めてくれる お味噌を使ったお料理が おいしく感じます
大阪からの帰り道  ~変わらない味を保つ むずかしさ~
ゴソからの帰り道、大阪駅まで歩いて向かおうということになりました
この冬いちばんの寒さの中、ベビーカーを押して歩く私たち…

けどけど、大阪の街を歩くのも久しぶりだし 私が住んでたマンションの近くも通れるし、
酔い醒ましに、冷たい風に当たりながら夜の大阪の街を歩くのも乙なものかと 
のんびり歩きました

と、そこに 旬なもの発見。

画像 407

写真、わかりにくくて申し訳ありません…
そして、おのぼりさんみたいで ごめんなさい
橋下 徹弁護士の選挙事務所に遭遇
(写真をクリックしていただくと大きくなります)




看板に描いてある名前が『橋下とおる』と 下のお名前が平仮名で書かれています

『橋下 徹』と、『橋下 通る(当選)』をかけているのかなと 推測いたしました

以前 住んでいたマンションが橋下弁護士の事務所の近くで、
当時 テレビの収録を終えた橋下弁護士と よくすれちがったものです
数年の時を経て、とうとう大阪府知事に立候補なさったのですね… すごいなぁ

どのような選挙になるか 興味深いです…。


大阪駅に到着してからまだ少し時間に余裕があったので、ハービスに寄ってみました

画像 408

久しぶりにブルディガラのマカロンを買ってみることに
こちらのマカロンも久しぶり…
柚子・ピスタチオ・塩キャラメルの三種





ありとあらゆるところのマカロンを食べ比べています

昔、美味しいと思っていたこちらのマカロン…  
けどけどあれれ…中のクリーム、変わったのかな?  外側の感じも 以前とは違うような…

気候によって微妙に変化するマカロンは難しいスイーツなのかなと改めて思いました…
同じ作り方で作っても、同じお味をキープするのって難しいのかな…


そしてそして、ベッタベタな大阪土産ですが…

画像 409

ははは
なんと15年ぶりの
『りくろーおじさんのチーズケーキ』




旦那さんと 『なつかしすぎるので、買ってみよう』と意見が一致し、並んで買いました

大阪駅地下の大丸向かいに店舗ができていました  知らなかったねぃ

値上がりしてるのかなと値段を確かめてみると ¥525
消費税ぶんだけしか値上げしていない   う~~ん…  すばらしい…

帰ってから旦那さんと わくわくしながらいただいてみることに…

15年ぶりに味わうチーズケーキ
半分、お味を忘れていましたが、食べるごとに思い出してきて…

ふたりで 『やっぱり めっちゃおいしいなぁ~』の大合唱
『ひとりで 1ホール食べるん、楽勝やな』 と話しながら あっという間にいただきました

素朴なチーズケーキだけど 考えるほどに奥が深い…

永く愛される秘訣が、なんかぎゅっと詰まっているようで 旦那さまといろんな考察をしながらいただきました

京都にも支店を作ってくだしゃい…

超久々 『エルポニエンテ  ゴソ』
BOCCIOさんでの うれしく、おいしいランチの後 超久々にゴソさんへおじゃましました

休日は お昼の3時から営業している(お酒が飲める)こともあって 
大阪時代は、結婚前だった私たちが よくよく通わせてもらっていました

京都に来てからも あらゆるスペインバルに行ってはみましたが、やはりここの空気感とお料理に勝てるところはなく…

画像 406


やっぱりゴソはいい!!




画像 404付出しピーナッツの殻は床に落とします
右は必ず頼む“小エビのガーリック煮”
作り方を教えてもらって家でもよく作らせてもらってます
旦那様の大好物
ピンチョスも豊富



画像 405今回初めて頼んだ“にんにくのスープ”
あっつあつで生卵もいい感じに固まります
このスープがたまらなく美味しいことといったら…
アテになるスープ
右は玉葱のオーブン焼き ブラックオリーブソース
玉葱があっまい! おいしい!


いつもいいかんじの奥尾店長とのお話も面白い
ランチ後の私たちの食べっぷりに驚いていました
『ほんま、にんにく好きですねぇ


ほんとに久しぶりに訪れたこともあって 旦那様は感慨深げ
「しあわせやぁ」を連発しておりました

なんといってもウタが産まれてからのこの一年、夫婦で外食をしたことが一度もなかったわたしたち…

そういえば、夫婦で大阪にくることもなかったな
妊婦時代に『吉本新喜劇』を一緒に観に来て以来の来阪だわ

大阪に来たら行きたいところはたくさんあるけど 夫婦でいつも候補に挙がるのは
福島のやきとり『かしわや』さんと ここ『ゴソ』なんだな

出産後 再デビューを果たせたけど、明日から またつつましい(?)生活に戻りますわよ

でもでも ほんとたのしかったねぇ

にんにくのスープの作り方も教えていただいたので、旦那さま しばらくはおうちの味でガマンしてくだされ
BOCCIO  ~ボッチォ  大阪~ 
私たちが大阪にいた頃からお世話になっている方のお店にようやくおじゃまできました

BOCCIO…  昨年の10月末にオープンされた、イタリアンのお店です

北浜の『ラ・トォルトゥーガ』にてソムリエをされていたご主人の地頭方範宏さんと、『イルチプレッソ』にて修行されていた奥様の貴久子さんのお二人でお店を切り盛りされています

画像 403
長堀通りから2本半北・堺筋から少し西に入った
すてきなビルの2F  
看板からセンスを感じます  
お店の中もとっても素敵です




ランチは\1200のコース1本です 

画像 394

前菜の“サゴシとトマトのオーブン焼き”
おいしい…! しあわせ…



画像 395
ご結婚と、お店の開店を祝して
CAVAを注文しました
おめでとうございます  
みんなで乾杯☆



画像 396
豚肉の煮込みのパスタ   ほんっとにおいしかったぁ!
忘れられないお味となりました
お肉はサルシッチャを使っていたのかしら… 
全体のお塩のバランスも絶妙で
二人で「ん~おいしい!」を連発しながらいただきました


画像 399

締めのエスプレッソも、きちんとおいしい。
地頭方さんのこだわりを感じます




夜もぜひ訪れたい!
お料理も空間も お二人のセンスと心配りと あたたかさを随所に感じることができます
居心地がよい素敵な空間です    
お二人のお人柄から生まれているところが大きいと思います

久しぶりに地頭方さんとゆっくりお話しすることができました

やはり、常に魅力的な食材を探すことを大切にされているようで、今は野菜もお肉の一部も山形から仕入れているそうです

驚いたのですが、私も もし山形に行く機会があれば是非訪れたいと思っていたイタリアン『アルケッチャーノ』の奥田シェフと親交があるそうで、そのご縁で山形から直に食材を仕入れているそうです


画像 400

山形 庄内の伝統野菜 藤沢かぶ
瑞々しい甘さと ほんのりとした苦み・辛さ
ボッチォさんでは生で使うことが多いそうです





オープン前後のお話をいろいろと伺っていると、ほんとうにいろいろなことがあったそうで…

お話を聞いていて 『一大決心をすると星がパワーをくれる』という、むかし聞いたことのある言葉を思い出しました

やはり物事には タイミングやめぐりあわせがあるのですね

すべてが 一大決心をされたお二人を 導いてくれるように動いていたのだと思います

もちろん それまでのお二人の たくさんの努力やご苦労、人を大切にする想いを積まれてこられたからからこそだと思いますが

これからも、きっとすてきなお店になっていかれると思います

またおじゃまさせていただきますね☆

画像 410
BOCCIO (ボッチォ)  

大阪市中央区南船場2丁目2-21 Life&Designビル2F202号
電話/FAX     06-6260-0055 
営業時間 Lunch 12:00~14:00
       Dinner 18:00~0:00 (金・土のみ18:00~2:00)
定休日       水曜日


Rちゃん 1さい おめでとう!

我らがRちゃんの 1さいのお誕生日に Rちゃんママのよぅちゃんと、ハナちゃんママのゆうちゃんが(ゆうちゃんのブログはこちら) 我が家へやってきてくれました

いつもの気楽な仲間たちなので、きょうも楽な感じでお昼ごはんを用意させてもらいました

Rちゃんの はじめてのお誕生日に みんなでこうやってお祝いできることが 何よりうれしかった…

画像 390

みんなでわいわいしながら
つまむごはんは 何よりたのしい




 
                      本日のメニューは
          焼き春巻き (キムチ・のり・青じそ・チーズ・南瓜・カニかま)
                      明太マーボー豆腐
                 緑豆春雨と豚肉 白菜の中華炒め
             あさりとキャベツ・トマトのあっさりスープ ~黒胡椒風味~
                       水菜のサラダ
                    沖縄 黒小豆を使ったお赤飯
                         おでん



画像 389
とっても希少な沖縄の黒小豆
旦那さまの会社の社長さんが
築地市場で買ってきてくださいました
早速 今日Rちゃんの1さいのお祝いに黒小豆を使って
お赤飯を炊かせてもらいました Aさん ありがとうございました




画像 391なんとなんと、ゆうちゃんが持ってきてくれたのは
皮も中身も手作りの豚まん&チーズまん
我が家へ到着してから皮で包んで蒸し器でむして…
これがもぉ美味しいことといったら…
私のツボ押されまくり
ほっぺたが落ちて溶けました



画像 392ようちゃんのお土産
大っ好きで夢にも出てくるノリーズカフェさんのスコーン
こんっなにたくさん…    
はぁぁぁ  ほんとにありがとう…
スコーンにろうそく立てて…
Rちゃん、1さい本当におめでとう 



画像 393極めつけの ようちゃん手作りのパンナコッタ
はい、これでわたくしたち ノックアウトっしゅ。  
ナンテコッタ   はい、駄ジャレです  
甘さ加減といい、柔さ加減といいホント絶妙です
風味づけのホワイトラムもすばらしかったです




もぉ~ みんな、 ほんとうにありがとう

いつものことながら たのしすぎて時間があっという間に過ぎてしまいます
いつもお話したいことを頭でメモしてるのに、なんか半分も話せていないような…


でもでも みんなが来てくれるたびに、3人の赤ちゃんたちは 少しずつでも目に見えて成長を見せてくれ、
それが本当にうれしかったりもします

3人とも、私たちのお腹にいた時代から顔を合わせているので なんの違和感もなく自然に一緒に遊んでくれています
これがまたおもしろい…

Rちゃんも、ハナちゃんにずっとチュ~をしていました
かわいかったぁ

きょうもたくさん いろんなお話をしたね
たのしかったよぉ

ぜひぜひ また来てね~

今日も ほんとにありがとう

 

ソトコト
旦那さまが 本を抱えて帰ってきました

『面白そうやったから買ってみてん』     ソトコトかぁ  久しぶりだねぃ

画像 388

今回のテーマは『食育』でした

『全国のいろんな所で 食育についていろんな
 取り組みをしてるんやなぁ  すごいなぁ』 と旦那さま



食育かぁ …  なんだかちょっとだけ難しそうなテーマだな
  

確かに、『食』って 身体に直接入っていくものだもんなぁ

身体に負担がかかる食べ物よりは、食べてエネルギーを宿してくれるような食事の方がいいに決まっているよなぁ…

味覚を通して 身体に直接入っていく食べものは、
少なからず 性格や人格に影響すると思うのです

食べ物が人を作るというか…

自分自身もそうだけど、これから いろんな成長を見せてくれるこどもに、親がどういう食べ物を食べさせてあげるかも 大切なような気はしていました

まだまだ私は 知識もないし、ラクもしたいし、ついつい自分への甘えから 簡単な方を選択してしまっていますが、 もう少し家族の元気を背負っている自覚を持たないといけないかな…などとも思ってしまいました

実は未だ 本を開いていないのですが…
食育という言葉から妄想を広げてみました

食育という言葉を聞いただけで、『おい、もっとがんばろうよ わたし』と励ましてみたりして

けれど、できることから少しずつ… がいちばん私には向いているかもしれません
家族への愛情を感じながら 食事の準備に向かうことが 自然にいい方向に向けてくれるのかもしれないな

少し先への、いいヒントを見つけられるかもしれません

いいタイミングだったのかな

だんなさま、 ありがとう
1さいの儀式
昔の風習で、1歳を迎えた赤ちゃんに、一升餅を背負わせて “一生食べ物に困りませんように”と願う儀式のようなものがあるようです

ウタにも本当は1歳のお誕生日に背負わしたかったのですが、お義父さん・お義母さん・お義姉さんたちと一緒に見守りたかったので、お正月にしてもらいました

この儀式の時、子どもの四隅に『そろばん(電卓)・お米・えんぴつ・お金』などを置いて、一升餅を背負った我が子が、どこに向かって歩いていくかを見守るということもするようです

何をつかみに行くかで 将来、その子が困らないものがわかるらしいのですが…

この日のために、お義母さんが 一升分のお餅をついて 用意してくださっていました

画像 385
風呂敷の中には一升の鏡餅が入っております
一升のお餅は思った以上に重かったようで…
しかし 他のものには目もくれずまっすぐ『鉛筆』を取りに…


画像 377

必死な感じ…
『とったどぉぉぉ』




画像 387

しまいには右手に電卓、左手でお米をつかもうとするウタくん
『二兎追うものは…』ですぞ



鉛筆を取りに行ったウタくんは どうやら勉強熱心になるようです
お勉強… ねぇ…

机の上だけの勉強ではなくて 広い意味での『お勉強』の方を大切にしてもらえたらなぁなどと考えつつ…

大きくなったら ウタに話してあげよう

春日大社さんへ初詣
お正月の2日に 家族みんなで春日大社さんへ初詣でさせていただきました 

画像 374

りっぱな鹿さんだねぇ


画像 376

旦那さまは小吉でございました


画像 379

お義母さんは『鹿みくじ』をひいてみました
自宅で撮影
じゅうたんを『若草山』にみたててみました




節目節目で お参りさせていただく春日さん
いつも ありがとうございます

2008年 おめでとうございます
みなさま 新年 あけましておめでとうございます
ことしも どうぞ、どうぞ… よろしくお願いいたします
2008年も、みんなの笑顔であふれた 佳い一年になりますように…

お正月はいかがお過ごしでしたか…

我が家は旦那様の実家で、ぜいたくにも ひたすらのんびりと過ごさせていただきました
予定していた滞在期間を2日も延長して、旦那さんのお正月休みいっぱいの今日まで甘えさせていただいておりました

元旦には お義母さん手作りのおせち料理とお雑煮を…
画像 371

お義母さんの心のこもったおせち料理
ありがとうございます…
右に映っているお酒はお義姉さんの仙台のお土産
純米吟醸酒・墨廼江



画像 372恥ずかしながらわたくし作の煮物と伊達巻
手前は同じくお義姉さんの仙台土産 白謙のささかまぼこ
沢っ山の種類の笹かまぼこ… 
味はもちろん、具材や厚さ(食感)までよく考えられてる逸品


画像 373
お義母さん作の黒豆はいつもやわらかくてやさしいお味でおいしすぎる…
しめさばも絶品でした
手前は私が作って持参した鶏の八幡巻き 


画像 383
おいしいお義母さんのお雑煮
関西に来てからはお雑煮は白みそベースです


うれしい気持ちからか、目でお腹いっぱいになってしました…
のんびりと家族みんなでおせちを囲めるってほんとうにしあわせだなぁと感じました
お義母さんのおかげでいい一年になりそうです…

こうやって、みんなで笑顔でお正月を迎えることができたことに感謝して…
ことしも みんなそれぞれが、素敵な日々を重ねていけますように

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。