ありがとうの、毎日

日々のこと、つれづれなるまま記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
TRUCK FURNITURE さん
8月の終わりに 大阪の【TRUCK FURNITURE】さんへ伺いました
現在の地に移転する前の玉造のお店にはよくお邪魔させて頂いていたのですが、現在の地に移ってからは初めて伺いました
P1000875.jpgP1000874.jpgP1000873.jpg

店内は撮影NGということでこちらに載せることができないのですが TRUCKさんの創り出す家具と空間は本当に素敵でした

雰囲気に溶けこみ 家具自体が気持ちよさそうに馴染んでいるのに きれいな存在感を放つ家具たち

まだまだ私には手の届かない存在だけれど、差し込む光をやさしく受け止めるトラックの家具を眺めながら 感じることはたくさん…  本当にたくさんありました


ずいぶん長い時間 トラックの創り出す世界を堪能させていただいた後 お向かいにある
カフェ【bird COFFEE】さんにてお茶… … …の予定が、居心地よすぎて 勢いよくサングリアを頼んでしまいました

氷の入ったサングリアをいただきながら 夫婦で気だるい会話を(笑)してみたりしました。

あぁ、なんか この日にここに来れてよかった…
宝探しをしたような気分で 心地よい満足感のような余韻がのこった一日でした

    
スポンサーサイト
高槻ジャズストリート
5月3日、高槻市で開催された 『高槻ジャズストリート』というイベントに行ってみました。
今年で11回目を迎えるジャズストリート…     こんな面白そうなイベント、もっと早くから知ってたらよかった…
初参加だけど純粋に音楽をたのしんでみよう  …  ジャズで耳から癒してもらおう

  ※デジカメ忘れてしまい携帯からの写真で失礼します................画像が悪すぎてスミマセン ........
20090505141344
JKカフェにて

高槻の街のカフェ・バー・ライブハウスなどなど 街中のいたる所がステージ
歩けば歩くほど いろんなジャズの生演奏に出合えるご機嫌なイベントです

高槻の町中が音楽で満ち充ちています


20090505141342阪急 高槻駅の構内もこの日はジャズの
ステージに

皆さんちゃんと下調べしてお気に入りのバンドを聴き回ります
各会場を回る巡回バスにも時間毎にいろいろなバンドが乗り込み生演奏をしてくれます

国内外からジャズ好きが高槻に集結していたようでした


いやぁー、音楽ってほんと、いいなぁ  音のチカラは絶大だなぁと心底感じれた一日でした

夕方から夜にかけて、ジャズがさらに街に馴染んで いい感じになるんだろうなぁ
音にどっぷり浸って酔いしれたいなぁと思いましたが子ども達と一緒だったので また今度 …

お昼間に聴くジャズもいいけど、夕暮れ時から夜にかけて ゆっくり聴いてみたいとも思いました      お酒もしのばせて (…へへへ)  行ってみるのもいいなぁ

高槻のまちをあげてのご機嫌なイベント
支える方たちの労力も大変なものがあると思いますが、本当に魅力的なイベントだと思います

普段はジャズ、あまり聴くことないけれどこれからちょっとずつ触れていってみようかなぁ
子どもたちにもいいかもしれない… 
桑田佳祐さんや山下達郎さんなどもジャズを聴きながら育ったとおっしゃっていたような…
親が好きでいたら 子ども達も自然に耳にするようになるかな

いやぁ 心底、音楽ってすてきだな … と思わせていただいた一日でした

千里こどもカーニバル&どっぷり昭和町
「昭和の日」の先月29日、大阪で開催された二つのイベントをハシゴしてみました
ひとつ目の“こどもカーニバル”のために千里まで。 
画像 110画像 111画像 108










緑に溢れた広い公園で子ども心をがっしりつかむ さまざまなイベントが行われていました
露店もたくさん出ていたけれど、目だけで楽しんで持参したおにぎりを頬ばる…。
「まえだまえだ」の兄弟漫才も見てみたかったのですが、時間が合わなかったため断念…
お昼過ぎには千里南公園を後にし、こんどは地下鉄で「昭和町」をめざしました

大阪・阿倍野区昭和町は 初めて訪れた場所でした
ここで 『どっぷり昭和町。』 なるイベントが行われていました

画像 114
【昭和町】で【昭和の日】に
【昭和建築の文化財】で
【昭和の文化】を味わうおまつり
~あそびの“あべの”トレジャーハンティング~


タイトル通り、昭和町で“昭和”にどっぷり浸ることのできる魅力的すぎるお祭りです 

昭和町に着いた途端、目の前をちんどん屋さんが通り過ぎていきました
一気に昭和時代にタイムスリップしたかのようです 

昭和町の二箇所で「寄席」も行われ、かなりの賑わい …

全国で初めて国登録有形文化遺産に指定されたという寺西阿倍野長屋の前を通るとちょうど雅楽の演奏が行われていました     美しい音色に皆、立ち止まり二階を見上げます
この長屋で夕方には小西康陽さんのライブも行われるということだったので「これは!」と思っていたのですが 時間の都合上 泣く泣く後にしました

長屋周辺では地元の方がたくさんの露店を出店していて全国から集めた銘酒を飲めるコーナーもあり…  
暑いくらいのお天気の中、ほとんどの大人が地ビールや日本酒を片手に持ち、もう一方の手には露店の食べ物を持って 頬を赤めながら わいわい過ごしていました
すれ違う人たち、み~んな笑顔     
昭和町全体がもう何ともいい雰囲気に包まれていました

今年 初めて行ってみたお祭りだったけど、心をくすぐるたのしい仕掛けたくさんで、何とも何とも和ませていただきました

“どっぷり昭和町の7か条”の最終項目に
...........7・日本全国の昭和町(99箇所)にて【どっぷり昭和町。】の同時開催を目標
とありました

でっかい夢… けれど実現したら めちゃくちゃたのしそう!!
すっかりこのお祭りのファンになってしまいました

来年もぜひ参加したいお祭りでした
どーーーっぷりと浸らせていただきましょう  …   …


超久々 『エルポニエンテ  ゴソ』
BOCCIOさんでの うれしく、おいしいランチの後 超久々にゴソさんへおじゃましました

休日は お昼の3時から営業している(お酒が飲める)こともあって 
大阪時代は、結婚前だった私たちが よくよく通わせてもらっていました

京都に来てからも あらゆるスペインバルに行ってはみましたが、やはりここの空気感とお料理に勝てるところはなく…

画像 406


やっぱりゴソはいい!!




画像 404付出しピーナッツの殻は床に落とします
右は必ず頼む“小エビのガーリック煮”
作り方を教えてもらって家でもよく作らせてもらってます
旦那様の大好物
ピンチョスも豊富



画像 405今回初めて頼んだ“にんにくのスープ”
あっつあつで生卵もいい感じに固まります
このスープがたまらなく美味しいことといったら…
アテになるスープ
右は玉葱のオーブン焼き ブラックオリーブソース
玉葱があっまい! おいしい!


いつもいいかんじの奥尾店長とのお話も面白い
ランチ後の私たちの食べっぷりに驚いていました
『ほんま、にんにく好きですねぇ


ほんとに久しぶりに訪れたこともあって 旦那様は感慨深げ
「しあわせやぁ」を連発しておりました

なんといってもウタが産まれてからのこの一年、夫婦で外食をしたことが一度もなかったわたしたち…

そういえば、夫婦で大阪にくることもなかったな
妊婦時代に『吉本新喜劇』を一緒に観に来て以来の来阪だわ

大阪に来たら行きたいところはたくさんあるけど 夫婦でいつも候補に挙がるのは
福島のやきとり『かしわや』さんと ここ『ゴソ』なんだな

出産後 再デビューを果たせたけど、明日から またつつましい(?)生活に戻りますわよ

でもでも ほんとたのしかったねぇ

にんにくのスープの作り方も教えていただいたので、旦那さま しばらくはおうちの味でガマンしてくだされ
BOCCIO  ~ボッチォ  大阪~ 
私たちが大阪にいた頃からお世話になっている方のお店にようやくおじゃまできました

BOCCIO…  昨年の10月末にオープンされた、イタリアンのお店です

北浜の『ラ・トォルトゥーガ』にてソムリエをされていたご主人の地頭方範宏さんと、『イルチプレッソ』にて修行されていた奥様の貴久子さんのお二人でお店を切り盛りされています

画像 403
長堀通りから2本半北・堺筋から少し西に入った
すてきなビルの2F  
看板からセンスを感じます  
お店の中もとっても素敵です




ランチは\1200のコース1本です 

画像 394

前菜の“サゴシとトマトのオーブン焼き”
おいしい…! しあわせ…



画像 395
ご結婚と、お店の開店を祝して
CAVAを注文しました
おめでとうございます  
みんなで乾杯☆



画像 396
豚肉の煮込みのパスタ   ほんっとにおいしかったぁ!
忘れられないお味となりました
お肉はサルシッチャを使っていたのかしら… 
全体のお塩のバランスも絶妙で
二人で「ん~おいしい!」を連発しながらいただきました


画像 399

締めのエスプレッソも、きちんとおいしい。
地頭方さんのこだわりを感じます




夜もぜひ訪れたい!
お料理も空間も お二人のセンスと心配りと あたたかさを随所に感じることができます
居心地がよい素敵な空間です    
お二人のお人柄から生まれているところが大きいと思います

久しぶりに地頭方さんとゆっくりお話しすることができました

やはり、常に魅力的な食材を探すことを大切にされているようで、今は野菜もお肉の一部も山形から仕入れているそうです

驚いたのですが、私も もし山形に行く機会があれば是非訪れたいと思っていたイタリアン『アルケッチャーノ』の奥田シェフと親交があるそうで、そのご縁で山形から直に食材を仕入れているそうです


画像 400

山形 庄内の伝統野菜 藤沢かぶ
瑞々しい甘さと ほんのりとした苦み・辛さ
ボッチォさんでは生で使うことが多いそうです





オープン前後のお話をいろいろと伺っていると、ほんとうにいろいろなことがあったそうで…

お話を聞いていて 『一大決心をすると星がパワーをくれる』という、むかし聞いたことのある言葉を思い出しました

やはり物事には タイミングやめぐりあわせがあるのですね

すべてが 一大決心をされたお二人を 導いてくれるように動いていたのだと思います

もちろん それまでのお二人の たくさんの努力やご苦労、人を大切にする想いを積まれてこられたからからこそだと思いますが

これからも、きっとすてきなお店になっていかれると思います

またおじゃまさせていただきますね☆

画像 410
BOCCIO (ボッチォ)  

大阪市中央区南船場2丁目2-21 Life&Designビル2F202号
電話/FAX     06-6260-0055 
営業時間 Lunch 12:00~14:00
       Dinner 18:00~0:00 (金・土のみ18:00~2:00)
定休日       水曜日


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。